フォト
無料ブログはココログ

鉄道模型

2023年2月 4日 (土)

ED17 1を作る(30)

下廻り組立・配線

Photo_20230204002401

2023年2月 3日 (金)

ED17 1を作る(30)

ウォームの改造

モーターの軸径がφ2でウォームの内径がφ2.4ですからスリーブが必要です、肉厚0.2のパイプを作る工作力は、有りませんのでφ3.5の丸棒の外径をφ2.4に旋削して、ウォームに半田付けしてから、φ2の貫通穴をあけました。ボス(φ3.5)の中間に加工した穴は接着剤注入口です。

Photo_20230203003301

モーター軸に挿入して取付。

Photo_20230203003401

駆動側、台枠に組込、序でに極性確認をしました。因みに3V,0.1Aでした。

Photo_20230203003701

 

2023年2月 2日 (木)

ED17 1を作る(29)

ボルスターの工作。

ダミー・ボルスターの加工、次作7号機用も含めて、8ケ作りました。

Photo_20230202005801

ダミーを床板に半田付け後、集電側(フェノール)駆動側(オーバーハング)を組立。

Photo_20230202010201

 

2023年2月 1日 (水)

ED17 1を作る(28)

ブレーキロッドを取付けて、台車を組立てました。

Photo_20230201015201 Photo_20230201015202

次の画像は35年ほど前に作った27号機のロッド廻りです、台枠は「つぼみ」製ですが、ロッドは切り出して作りました。

Photo_20230201015701 A_20230201015801

2023年1月31日 (火)

ED17 1を作る(27)

ブレーキロッドを組立てました。

今作もエッチングの簡易なものとなりました。

Photo_20230131012101

2023年1月30日 (月)

ED17 1を作る(26)

インサイドギャーの改造をしました。

入手した軸距離34mmのものには14mm動輪がついていました(つぼみのEL用)、15.5mmに転装するとモーター取付の下面とクリアランスがありません。

その顛末です。

改造前

1_20230130011001

取付部のアングルの制作です。

Photo_20230130011001

アングル側の片方にM1のタップをたて、ビス止めしてから水平に注意して半田付けしました、もう片方はφ1を貫通してカシメてからはんだづけです。

Photo_20230130011501

動輪を取付けた状態です。

Photo_20230130011601

2023年1月29日 (日)

ED17 1を作る(25)

動輪(フランジ)外径と床板下面にクリアランすが無く、ボルスターの隙間を0.5mm高くしました。

前作の2号機と制作予定の7号機分も含めて、各々3ケ新作です。

Photo_20230129014401

ナンバーは号機です。2番にスプリングが無いのは、現行のものを使います。

2023年1月28日 (土)

ED17 1を作る(24)

床板の工作(昨日も書きましたが、寸法は2号機と同寸です。)

外寸成形

Photo_20230128010701

穴あけ、タップ加工。

Photo_20230128010801

2023年1月27日 (金)

ED17 1を作る(23)

床板、取付用の板の工作です。

寸法は前作2号機と同じです。

Photo_20230127011101 

ヤトイを黒く塗っているのは、ハンダの流れ防止用。

B_20230127011401

Photo_20230127011501

 

2023年1月26日 (木)

ED17 1を作る(22)

チャンネル部を車体に組付け。

Photo_20230126012301

パイプの位置は晩年の実機に倣いました。

Photo_20230126012501

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー