フォト
無料ブログはココログ

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月

2023年7月25日 (火)

ホトチの工作(終)

ロープ掛けを取付けて、塗装しました。

1_20230725002601 Photo_20230725002601

2023年7月24日 (月)

ホトチの工作(10)

前述のKDのアーチバーを履かせて、未塗装完成とします。

A_20230724022801

B_20230724022801

2023年7月23日 (日)

ホトチの工作(9)

側板の帯板。

Photo_20230723012301

貼付け(エポキシ)

Photo_20230723012501

2023年7月22日 (土)

ホトチの工作(8)

センターピンを作りました、何時もは洋白材を使用するのですが、快削洋白はロッド用としますので、今回からBSBMで作ります。

A_20230722005001

黒染処理としました。

B_20230722005101

2023年7月21日 (金)

ホトチの工作(7)

1.2の帯板とφ0.5線でトラスを取付けました。

Photo_20230721005801

B_20230721005901

2023年7月20日 (木)

ホトチの工作(6)

アオリ受け。

1Xt0.3の帯板

Photo_20230720011301

φ0.3線をヤトイにして、ヤットコで成形。

Photo_20230720011501

フレームに半田付け。

Photo_20230720011601

2023年7月19日 (水)

ホトチの工作(5)

カプラー(KD38)取付用ナット。

Photo_20230719002301

Photo_20230719002302

ベーカー取付用のM2、塗装前に埋めます。

2023年7月18日 (火)

ホトチの工作(4)

床板の加工 バカ穴φ1.5 座グリφ2.2深さ0.5です。

Photo_20230718013201

座グリに使った一文字。

Photo_20230718013301

2023年7月17日 (月)

ホトチの工作(3)

床板取付用のM1.4の加工をして、フレーム枠を組立(半田付け)。

Photo_20230717021901

床板に現合で、バカ穴加工をします。

Photo_20230717022101

2023年7月16日 (日)

ホトチの工作(2)

フレームt0.5X4X100

Photo_20230716014101

ボルスター

Photo_20230716014201

仮組

Photo_20230716014202

2023年7月15日 (土)

ホトチの工作(1)

TMS236(平野さんの記事)に習って、ホトチを工作します。

種は記事と同じく天賞堂のトラです。

作例ではφ3のキリ(ドリル)を一文字(ザグリ用)加工して使われていますが、今回はφ2のエンドミルで行いました。

上は未加工の状態、下が今回のもの、カプラーの取付位置を変更しますので、φ3深さ2.5mmの加工をしました。

Photo_20230715023001

作例を真似て妻をフラットにし、縦の帯板を取り去りました。

Photo_20230715023002

2023年7月12日 (水)

KDアーチバーの改造(終)

黒染めして組立てました。枕梁 2個、作るのに3日も費やした、工作は楽しい。

Photo_20230712003001

以前、φ10.5に履き替えた、天賞堂のアーチバー

Photo_20230712003201

2023年7月11日 (火)

KDアーチバーの改造(3)

加工 その2

Photo_20230711011001

Photo_20230711011002

2023年7月10日 (月)

KDアーチバーの改造(2)

加工 その1

Photo_20230710004101

2023年7月 9日 (日)

KDアーチバーの改造(1)

頂き物のKDアーチバーフレーム巾を1mm狭くするため、枕梁を新作します。

KDトラック

Photo_20230709015901

分解したアーチバー

Photo_20230709014501

枕梁の設計図

Photo_20230709015101

2023年7月 8日 (土)

古典貨車の工作(終)

塗装しました、インレタ捜してみます。

ブレーキ付

Photo_20230708011201

ブレーキ無し

Photo_20230708011202

カプラーはKD38です。

2023年7月 5日 (水)

古典貨車の工作(16)

チョット間が空きましたが、妻側の補強帯を取付けて未塗装完とします。

ハンドブレーキ付

A_20230705023001

ブレーキなし。

B_20230705023101

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »