フォト
無料ブログはココログ

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2023年3月

2023年3月31日 (金)

4030タイプ(22)

煙室戸に切り抜き数字を半田付けします、プレート部を交換しました。

2a_20230331023501

2b_20230331023501

2023年3月30日 (木)

4030タイプ(21)

ヘッドランプの点灯化

改造前

1a_20230330012001

改造中 両肩にR1加工、ランプ部はφ3とφ2.6の段付き穴加工をして、後側にφ1(リード線用)をあけました。

1b_20230330012501

ボイラーにもφ1を加工して、元の位置に半田付けです。

1c

2023年3月29日 (水)

4030タイプ(20)

モニタールーフの工作

表側

A_20230329012301

内側

B_20230329012301

屋根に取付け。

Photo_20230329012401

2023年3月28日 (火)

4030タイプ(19)

極性の確認

19a

配線

20a

序でに、走行テストをしました、5V,0.2Aです、集電シューの負荷かな?

2023年3月27日 (月)

4030タイプ(18)

シリンダー、ガイドヨーク、主連棒 を組立てました。

18a1

ギャーユニットとモーターを組込ました。

18b

2023年3月26日 (日)

4030タイプ(17)

コンタクトの製作、基板はt1.7、コンデサー容量(0.027μF/50v)

17a

動輪押え板、前側の止めビス(M2)で共締め。

17b

2023年3月25日 (土)

4030タイプ(16)

この4030タイプには、スピーカーの搭載予定はありませんがブラスト用のホィールは組込ます。

第2動輪に2ッ割のホィールを取付けました。

16a

フレームに組込ました。

16b

2023年3月24日 (金)

4030タイプ(15)

バッファーの工作

バッファー座(4X3.5X0.4)

15a

前梁側

15ab

後梁側

15bb

 

2023年3月23日 (木)

4030タイプ(14)

外していた、端梁をバッファー取付用のM1.4加工をしてフレームに取付けました。

前端梁

14a

前側はデッキの厚みがありません、KD取付用のタップ加工が出来ませんので、M1.4加工をしたボス(?)をインロー部に挿入して半田付けしました。

14b

後端梁

14c

後はM2です。

14d

 

 

 

 

 

2023年3月22日 (水)

4030タイプ(13)

動輪押え板の新規制作

成形

13a

取付穴、ギャーユニット挿入穴、ホィール穴 加工

13b

ブレーキシュー取付用タップ(M1.2)加工

13_20230322010601

2023年3月21日 (火)

4030タイプ(12)

モーター取付部の工作 その2

吊り掛けは前作(C56)と同様です。

12a

モーターの取付(ブラケットにネジ止め→ギャーケースにネジ止め→段付きビスで吊り掛け)

12b_20230321012101

2023年3月20日 (月)

4030タイプ(11)

モーター取付部の工作 その1

ブラケット制作

11a_20230320023701

モーター取付板

11b

組立(0.5のピンを差し込んで半田付け)

11c

つづく

2023年3月19日 (日)

4030タイプ(10)

ギャーケース加工 その3

ウォーム軸用のメタルを旋削で作りました。

10

ドリルロッドを20mmに加工してウォームを半田付けしてケースに組込ました。

10a

動輪(ホィール)をケースに挿入し、押え板でネジ止をしました。(仮組)

指で軽く回転します。

10b

2023年3月18日 (土)

4030タイプ(9)

ギャーケース加工 その2

モーターブラケット取付用のタップ加工

9a

動軸押え板 側のタップたて。

9b

ヘルカル挿入部の加工。

9

つづく

2023年3月17日 (金)

4030タイプ(8)

ギャーケース加工 その1

ウォーム部、逃げ加工

1a_20230317013401

ウォームシャフト用軸受け部、穴加工(φ4) 車軸部加工。

1b

動軸、押え板

1_20230317014001

つづく

2023年3月16日 (木)

4030タイプ(7)

ギャーユニットの設計図

Photo_20230316011501

成形材

Photo_20230316011502

2023年3月15日 (水)

4030タイプ(6)

コールバンカーに反りを入れてみました。

要領は⊿形の小片と帯板をハンダ付、リューターとブラシキサゲで仕上ました。

Photo_20230315015201

2023年3月14日 (火)

4030タイプ(5)

サイドタンクの給水ハッチを取り除き、LW製に交換しました。(このハッチはMogulさんが吹かれた物です)

A_20230314015401

B_20230314015401

2023年3月13日 (月)

4030タイプ(4)

煙突の改造

左側がオリジナルを改造したキャップ、中央が新規に作った胴、右側はオリジナルのスカート。

B_20230313020601

組立、キャップはネジ込みで取付。

Photo_20230313020701

2023年3月12日 (日)

4030タイプ(3)

ギャーユニットの設計が進まないので、上廻りの工作を進めます。

変更内容

1.2ピースの煙突を3ピースにする(キャップ部磨き仕上にするため)。

2.コールバンカーの後妻に反りを持たせる。

3.屋根の通風口を2重にする。

4.サイドタンクの給水ハッチをLW製に交換する。

5.ヘッドランプの点灯化を検討する。

うすめ液から取り出した上廻り。

Photo_20230312004901

 

2023年3月11日 (土)

4030タイプ(2)

前・後梁のステップの取り外し。

B_20230311005101

モーター取付用板を取付ける板とスヘーサーを取り去りました。

C_20230311005501

2023年3月10日 (金)

4030タイプ(1)

頂き物の、NWSL(North West Short Line)に、手を入れて#4030タイプに改造します。

下廻りの変更内容

1.駆動を第4動輪から第3動輪に変更して、吊掛けを採用。

2.前後の端梁にバッファーを取付ける。

3.動輪押え板を変更しコンタクトホィールを取付ける。

A_20230310114701

上廻りは、うすめ液に入浴中。

2023年3月 9日 (木)

#9968

#9900は未塗装完成です。サンドボックスの形状から「汽車会社」製となります、該当するナンバープレートを 捜したところ、#9968が在りました。

A_20230309012601

B_20230309012601

Photo_20230309012701

2023年3月 8日 (水)

:形式9900上廻りを作る(終)

梯子を取付け、うすめ液を浴びさせました、この稿終いです。

R_20230308035501

L_20230308035601

上廻り 完

2023年3月 7日 (火)

形式9900上廻りを作る(19)

ウイストジャパンの管継手を使ってエジェクター配管をしました。

A_20230307005401

留金は巾0.5X0.2帯板を割りピン状にして、ボイラーに差し込んで内側から半田付けしました。

B_20230307005801

ユニオンらしき物は挽き出して制作、ハンダが盛りすぎてボテりました、残念。

C_20230307010001

2023年3月 6日 (月)

形式9900上廻りを作る(18)

スチームドーム右横の汽笛を外して、取付ランナーを縦向きに改造しました。

Photo_20230306005001

発電機を取り外した穴を埋めてφ0.6の穴をあけて取付けました。

Photo_20230306005401

2023年3月 5日 (日)

形式9900上廻りを作る(17)

屋根の工作 その4

前後の破風板の取付。

1_20230305012301

雨樋としてφ0.3の燐青銅線を半田付け、(0.3X0.5の帯板変更予定)

2_20230305012701

キャブに取付け。

3_20230305012801

2023年3月 4日 (土)

形式9900上廻りを作る(16)

屋根の工作 その3

屋根の着脱の方法、悩みましたが 従前通り、差し込んで後からビス止めです。(今回はM1です)

キャブ側

Photo_20230304012801

屋根側

Photo_20230304012802

つづく

2023年3月 1日 (水)

形式9900上廻りを作る(15)

屋根の改造 その2

破風板の製作、後の破風が水撒き管の処で破断されていましたので、前側の破風を模範として新作しました。

Photo_20230301020201

つづく

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »