フォト
無料ブログはココログ

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月

2022年5月31日 (火)

形式8550Ⅲ(25)

シリンダーブロックの工作 その4

弁室の成形

11a

バルブロッドガイトの取付

12b

2022年5月30日 (月)

形式8550Ⅲ(24)

シリンダーブロックの工作 その3

前作と要領は同じですので画像で紹介します。

サドル部の穴加工

A_20220530012501

弁室取付座の加工

B_20220530012601

2022年5月29日 (日)

ED17 26(42)

組立ました。塗装前の記録です。

右が1位

Photo_20220529020901

左が1位

Photo_20220529020902

2位側から。

A_20220529020901

B_20220529020901

2022年5月28日 (土)

ED17 26(41)

上廻りの残り工作

妻の取手を取付けました。

Photo_20220528022501

パンタに取付ビス用のM1.4タップ加工、パンタ取付穴をφ1.5、碍子の穴をφ1.1に広げました。

Photo_20220528023001

2022年5月27日 (金)

ED17 26(40)

下廻りの組立

ダミーのボルスターを取付け、下廻りを組立てました。ウエイトは仮のもので、改めて制作します。塗装後1.5V球で点灯します。

Photo_20220527020301

2022年5月26日 (木)

ED17 26(39)

デッキ・手摺の工作 その3

長年、鉄道模型の車両工作を楽しんでいますが、26号機の様なデッキを有した電関は初めての経験です。

正直、疲れました。

Photo_20220526021501

2022年5月25日 (水)

ED17 26(38)

デッキ・手摺の工作 その2

デッキにビラーを半田付けし、治具を使って長さを揃えました。

Photo_20220525050101

手摺を治具に依り曲げ加工をしました。器用な方ならスケールの図で簡単に工作出来るでしょう。

Photo_20220525050501

2022年5月24日 (火)

ED17 26(37)

デッキ 手摺りの工作 その1

手摺の曲げ治具を作りました、φ0.8(曲げR0.4で設計)の穴をあけました。

A_20220524022101

山折りは固定、谷折りは着脱可能にしました、長いピン部は谷折り用です。最後が山折りになりますが密になりますので、この部位のピンは抜ける様にしました。

B_20220524022601

ピラー部の長さ決め用のブロック治具です。

Photo_20220524022701

2022年5月23日 (月)

ED17 26(36)

冷却管の組込

取付バンドの中心にφ0.4を通して車体チャンネル部に取付ました。

右が1位側です。

Photo_20220523020201

右が2位側です。

Photo_20220523020401

 

2022年5月22日 (日)

ED17 26(35)

空気溜(タンク)の取付

車体チャンネルの所定の位置にφ0.6の穴をあけ、ボスを差し込んで半田付けしました。

A_20220522020101

渡り管(φ0.5)も半田付けしました。

B_20220522020301

2022年5月21日 (土)

ED17 26(34) 

冷却管の工作 その2

取付バンドと間座を図面に合わせてハンダ付けしました。

A_20220521021001

夫々の中央にφ0.3の穴をあけています(車体チャンネル部への取付用)

B_20220521021401

2022年5月20日 (金)

ED17 26(33)

冷却管の工作 その1

押え金具と治具です。

Photo_20220520010901

φ1を芯金として曲げ加工をしました。

Photo_20220520011101

1mm板から0.8巾の間座を作りました。使用するのは長さ2mm強のもの4ケです。

Photo_20220520011501

2022年5月19日 (木)

ED17 26(32)

ダミー ボルスターの工作

プロック成形をしました。(使用した材質が高力黄銅なのか、成形に手こずりました)

Photo_20220519033201

両サイドに溝を加工しました。

Photo_20220519033401

片方を斜め(15゜)に加工しました。

Photo_20220519033501

2022年5月18日 (水)

ED17 26(31)

空気溜めタンクの工作

旋削加工です。

Photo_20220518025001

ニゲ加工

Photo_20220518025101

取付座面の加工、中央に車体に取付けボス用のφ0.6の穴をあけています。

Photo_20220518025102

2022年5月17日 (火)

ED17 26(30)

仮組立をしました、置いているだけのパンタは何年か前に調達して貰った、天賞堂のPS14です。

Photo_20220517045201

2022年5月16日 (月)

ED17 26(29)

砂函の厚み変更

台枠に挿入したところ、ステップが砂函に干渉します。厚みを3mmから2.5mmに切削加工をしました。

Photo_20220516012101

後(?)の砂函も空気溜めとの余裕を持たす為、同じ加工をしました。

B_20220516013101

2022年5月15日 (日)

ED17 26(28)

ステップ(梯子)をデッキに取付けました。

Photo_20220515022001

 

2022年5月14日 (土)

ED17 26(27)

ステップをデッキに取付け用のヤトイをベーク材から作りました。

15゜のテーパー加工の様子です。

Photo_20220514042401

出来上がったヤトイです。

2_20220514042501

デッキにハンダ付けの要領です。

Photo_20220514042701

 

2022年5月13日 (金)

ED17 26(26)

ステップ(梯子)の工作 終い。

例によってイブツな仕上がりです。

Photo_20220513023201

2022年5月11日 (水)

ED17 26(25)

ステップ(梯子)の工作 その4

踏板(ステップ)を市販の綾目板から1.5X4.2の物を紛失分も含めて16ケ作りました。

Photo_20220511015401

組立はフェノール(ベークライト)から作った半田付け治具を利用することにしました。

中子はt2のベークで巾を4.2mmで作り端部に15゜の加工をしています。

一段目

Photo_20220511020001

2段目

Photo_20220511020101

3段目

Photo_20220511020102

つづく

2022年5月10日 (火)

ED17 26(24)

ステップ(梯子)の工作 その3

両端部を15゜の加工をしてハンダを外す。

B_20220510025201

ハンドレール差込用のφ0.5の穴あけをしました。

C_20220510025301

つづく

2022年5月 9日 (月)

ED17 26(23)

ステップ(梯子)の工作 その2

短冊を約16mmにして、8ケを一つにして、15.5mmにしました。

A_20220509034301

15゜の傾き加工のための模範を作りました。

Photo_20220509034701

つづく

2022年5月 8日 (日)

ED17 26(22)

ステップ(梯子)の工作 その1

作図しました。

Photo_20220508031901

先ず、縦桟(梯子両側の支柱)をt0.4から作りました。

A_20220508031601

出来上がった帯材(巾1.2)です。

B_20220508031801

つづく

 

2022年5月 7日 (土)

ED17 26(21)

ヘッドライトを屋根に取付けました。

A_20220507014701

ライトの後の穴はリード線用です。

B_20220507014801

C_20220507014801

2022年5月 6日 (金)

ED17 26(20)

ヘッドライトの工作

市販のLW製を点灯用に追加工をしたのですが失敗、今回もポンチ絵を描いて作る事にしました。

旋削です。

A_20220506030901

座と放熱部のフライス加工

B_20220506031001

座、放熱部と取付け脚を半田付け。

C_20220506031101

2022年5月 5日 (木)

ED17 26(19)

トルペード型ベンチレーター その2

屋根の下穴をφ0.6に広げて脚を差し込み内側より半田付けしました。

Photo_20220505020301

座があった方が良かったかな?

B_20220505020401

2022年5月 4日 (水)

ED17 26(18)

トルペード型ベンチレーター その1

該当する市販品がありませんので、工作しました。

A_20220504022501

φ0.6を取付け脚としました。

B_20220504022601

90゜加工に使用したバイトです。

Photo_20220504022701

2022年5月 3日 (火)

ED17 26(17)

ランボードの工作 その2

車体に取付け(半田付け)ました。

Photo_20220503031801

2022年5月 2日 (月)

ED17 26(16)

ランボードの工作 その1

t0.3で成形しました。

A_20220502030101

脚部を曲げ加工、木目板(t0.3)を成形しました。

B_20220502030301

組立てました。

C_20220502030701

つづく

2022年5月 1日 (日)

ED17 26(15)

モニターを作りました。材料は17X11.5X5(成形寸法)

A_20220501030401

B_20220501030401

取付は内側からM2のビスです。

C_20220501030601

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »