フォト
無料ブログはココログ

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月30日 (火)

C55上廻りの組立(41)

逆止弁(エコー製)を取付、配管(φ0.8)をしました。

Photo_20211130113001

砂撒き管(φ0.5)を取付けました。

右側

Photo_20211130113201

左側

Photo_20211130113202

2021年11月29日 (月)

C55上廻りの組立(40)

ボイラーの工作 その11

ボイラー廻りの部品取付に掛かりました。

手持ちのベルクランクと加減弁引き棒を取りつけました、キャブ側はキャブを取付けてからの工作です。

Photo_20211129150901

発電機も手持ちのものです、配管用のφ0.5を揉みつけています。

Photo_20211129151201

これも手持ちのATS発電機を取付けました、マフラー用のφ0.5を揉みつけは発電機と同じです。

Photo_20211129151601

安全弁座はウェストジャパンの物を張りこみました、M1タップをたてて、SUSビスで仮締めしハンダ付けしました。

Photo_20211129152001

 

2021年11月28日 (日)

C55上廻りの組立(39)

上廻りと下廻りの干渉部をチェックしました、充分確認して火室部の延長を決めたのですが、モーターとバックプレートに隙間が無く、配線が出来ません、折角都合をした頂いたモーター(30mm)ですが、次作に使用する事とし、今回は25mmの物に変更しました。(4V,0.05Aで回転します)

Photo_20211128134901

右側空気タメタンク(第一)もモーションプレートに干渉していましたので1mm後方に移動しました、序でに画像の様に追加工をしました。

Photo_20211128135501

上下を組込(干渉チェック)ました。

Photo_20211128135601

 

2021年11月27日 (土)

C55上廻りの組立(38)

元空気タメの工作

バンドの取付。φ0.5を巻いて、巾広のヤットコで、捻じり、糸ハンダを添えて、炙り付けしました。

過去の作例では、鈍してから丸くして半田付けするとありました。鈍してから今回の方法の方が良いようです。

銅線があれば、なお簡単な工作も可能と思います。

Photo_20211127143701

元空気タメ(第一)右側をランボードに取付けました。

Photo_20211127143901

元空気タメ(第二)左側をランボードに取付けました。

Photo_20211127144101

裏(下)側からです。

Photo_20211127144201

2021年11月26日 (金)

C55上廻りの組立(37)

左ランボードの工作 その1

コンプレッサーは手持ちの物を使います、取付ブラケットは切削加工、キヤブ側に在る函(用途不明)を作りました。

Photo_20211126123801

コンプレッサーと函を取付ました。

Photo_20211126123901

 

2021年11月25日 (木)

C55上廻りの組立(36)

右ランボードの工作 その4

缶水清浄装置をNetで調達、その横に在る函(用途不明)を作りました。

Photo_20211125141101

ランボードに取付けました。

Photo_20211125141201

2021年11月24日 (水)

C55上廻りの組立(35)

治具を使って冷却管の曲げ加工をしました、工具は先細のヤットコとマイナスドライバーです。

Photo_20211124134101

出来上がった冷却管

Photo_20211124134102

 

2021年11月23日 (火)

C55上廻りの組立(34)

冷却管の曲げ治具を作りました。

1.組立図からこの部位を抜取、パイプ部の図面を起こしました。

Photo_20211123125701

2.治具ベースをt1.5から作りました、両側に段を付けたのは曲げ成形時バイスに挟む為です。

1_20211123130001

3.揉みつけをしました。

Photo_20211123130101

4.φ0.8を6ケ所、φ1を1ケ所、穴加工をして、φ0.8は裏からハンダで止めています。φ1は工程の都合から取り外しできるようにしております。

Photo_20211123130601

2021年11月22日 (月)

C55上廻りの組立(33)

ボイラーの工作 その10

煙室反射板ハンドルを取付けました。

右側

Photo_20211122134601

左側

Photo_20211122134602

2021年11月21日 (日)

C55上廻りの組立(32)

右ランボードの工作 その3

実機の写真を見ていると、オイルポンプの位置が10mm近く後になっていました、幸いこの位置に点検蓋の様な物が写っていましたので、思い切って前方に移動することにしました。

φ2の穴とφ0.6の穴を埋めました。

Photo_20211121134501

点検蓋らしき物を被せてハンダ付けしました。

Photo_20211121134701

オイルポンプ函と分配弁を移動して、取付ました。

Photo_20211121134901

部品の製作と調達のため、右ランボードは暫く休稿といたします。

2021年11月20日 (土)

C55上廻りの組立(31)

右ランボードの工作 その2

給水ポンプの取付用ブラケットを切削で作りました。

Photo_20211120132301

組立てた給水ポンプをボイラーに半田付けしました。鏝の選定を間違い少し手こずりました。

Photo_20211120132601

Photo_20211120133401

つづく

2021年11月19日 (金)

C55上廻りの組立(30)

右ランボードの工作 その1

オイルポンプ函と分配弁(マニホールド)を取付ました、何れも手持ちのものを使用しました。

Photo_20211119135401

2021年11月18日 (木)

C55上廻りの組立(29)

ボイラーの工作 その9

梯子のステップを作りました、4ケ必要ですが紛失を考え6ケ作りました。CP板を使用しましたが模様が粗かった様です。

Photo_20211118133101

上ステップも含めボイラーにハンダ付けしました。

Photo_20211118133301

 

2021年11月17日 (水)

C55上廻りの組立(28)

ドームの組立 その3

砂撒き元栓、拝砂管、笛(5室)を取付けました。

左側

Photo_20211117143001

右側

Photo_20211117143002

この項終い

2021年11月16日 (火)

C55上廻りの組立(27)

ドームの組立 その2

ドームカバーの繋ぎ目を表現すべく、帯板を巻いてケカギ針で筋を入れましたが、後述する様に浅かった様です。

Photo_20211116114101

φ0.3を埋めて、取付ボルトとしましたが、半田の量が多くて失敗です。変に付加価値を付けるとかえって、マイナスになる様です。

砂箱蓋はLW製です。(ケガキの筋は目立たなくなりました)

Photo_20211116114601

手元にあったLWの加減弁ベルクランクを取付けました。(取付部にφ1Xφ0.6パイプをスリーブとしています)

Photo_20211116114801

つづく

2021年11月15日 (月)

C55上廻りの組立(26)

ドームの組立 その1

ドーム座をSUSビスでボイラーに締め付けました。

Photo_20211115151101

置きハンダをしてドームを被せ、嵌め合って居る事を確認してバーナーで炙り付けしました。

Photo_20211115151301

内側を念の為、甲丸ヤスリで成形しました。

Photo_20211115151501

つづく

 

2021年11月14日 (日)

C55上廻りの組立(25)

ボイラーの工作 その8

火室下部側板を取付けました。

Photo_20211114140301

Photo_20211114140302

2021年11月13日 (土)

C55上廻りの組立(24)

デフレクターの工作 その3

組立てたデフをランボードと煙室に半田付けしました。

Photo_20211113121901

Photo_20211113121902

この項おわり

2021年11月12日 (金)

C55上廻りの組立(23)

デフレクターの工作 その2

門デフのくたい(躯体)は写真を見る限り、アングル(等辺山形鋼)で、出来ている様に見える、仮に(70X70)を使用したとしても厚みは9mmです、1/80にすると約0.11になります。

今回はt0.3で帯板を作り、それを補強として使用します。

帯板の加工方法

Photo_20211112121501

出来上がった、帯板

B_20211112121601

成形したデフレクターに補強として、半田付けをしました。

Photo_20211112121701

2021年11月11日 (木)

C55上廻りの組立(22)

デフレクターの工作 その1

57号機は門デフです。エッチングの版下を描き、特注しました。

Photo_20211111121801

除煙板部を半田付けして、曲げ(成形)工作をしました。

Photo_20211111122101

つづく

2021年11月10日 (水)

C55上廻りの組立(21)

ボイラーの工作 その7

外しておいた煙突を取付けました。

Photo_20211110134801

ハンドレールノブ(ナブ)が14ケ必要なのですが13ケしかありません、1ケ補充しましたが作業中2ケ無くなり、結局3ケ補充となりました。

Photo_20211110135401

2021年11月 9日 (火)

C55上廻りの組立(20)

フロントデッキの工作 その6

前ステップとポール(取手)を取付けました。

Photo_20211109152601

Photo_20211109152602

解放テコを取付けました。オリジナルが2ケで、追加で作ったのが2ケと言いたいのですが4ケ作る羽目になりました。

取付も上手くいきません、後、C56とC57が残っています 手順を考えましょう。

Photo_20211109153101

この項、終いです。

2021年11月 8日 (月)

C55上廻りの組立(19)

フロントデッキの工作 その5

デッキユニットを取付けました。

Photo_20211108124701

ステップを取付けました。4ケ必要なのですが1ケ足りません、カツミのC57キットに5ケありましたので、1ケ横流し、しました。

煙室戸は仮に差し込んでいます。

Photo_20211108125101

昨日、上京した折にLWの前ステップを求めました。オリジナルとの対比です。

Photo_20211108125401

つづく

2021年11月 6日 (土)

C55上廻りの組立(18)

フロントデッキの工作 その4

給水温め器の上デッキを作りました、不注意で掃除機の餌に成った為です、残念

Photo_20211106095501

デッキに半田付け(鏝)しました。

Photo_20211106095801

都合で明日から2日ほど、休みます。

2021年11月 5日 (金)

C55上廻りの組立(17)

フロントデッキの工作 その3

カプラーポケットをエンドビームに取付けました。(ケーディーのフック部をネジ止めします)

Photo_20211105142401

デッキフチ板を取付けてからエンドビームを取付けました。

Photo_20211105143101

Photo_20211105142601

ホースは別途調達したものです、現状は差し込んでいるだけです。

2021年11月 4日 (木)

C55上廻りの組立(16)

フロットデッキの工作 その2

給水温器にボルトを埋込ました。

右側です。(φ0.5)

Photo_20211104145301

左側です。(φ0.4)

Photo_20211104145501

フロントデッキに取付ました。

Photo_20211104145701

2021年11月 3日 (水)

C55上廻りの組立(15)

フロントデッキの工作 その1

デッキ縁取り板を作りました、と言うよりチョットドジな記事となりました。

2ケ必要ところ1ケしか見渡りません、厚みを実測したところt0.8ありました、t0.8に半田付けしました。

Photo_20211103145701

既製のものをガイドにして切り出しました。

Photo_20211103150001

2ケに分けるため炙った処、ご覧の様に3ケに成りました、つまり、製品はt0.4で出来ていたという事です。

1日無駄にした、ドジな話です。

Photo_20211103150701

2021年11月 2日 (火)

C55上廻りの組立(14)

ボイラーの工作 その6

不足していた、洗口栓(閉)を作りました。必要個数は5ケですが、8ケ作りました、3ケ何処かに飛んでいきました。

Photo_20211102162601

ボイラーに内側より半田付けしました。

Photo_20211102162801

2021年11月 1日 (月)

C55上廻りの組立(13)

ボイラーの工作 その5

バックプレートを組立てました。

Photo_20211101130401

アタリ部を修正して、ボイラーに取付ました。

Photo_20211101130601

キャブユニットを仮に挿入してみました。

Photo_20211101130701

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »