フォト
無料ブログはココログ

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月31日 (日)

形式2850(23)

ロッド類の工作 その3

主連棒の工作(その1)

φ0.8とφ1の穴をガイドとして、左右を一体化しました。

Photo_20210131153001

クロスヘッド側を巾1.5mmにしてR加工(ヤスリ)をしました、ビックエンド側に油壷・クサビの穴をあけました。

余分なモミツケに失敗しましたが線材半田付け時に修正します。

Photo_20210131153401

一体化したものを分解して夫々をヤトイにハンダ付けしました。

Photo_20210131154501

 

 

 

 

2021年1月30日 (土)

形式2850(22)

ロッド類の工作 その2

クロスヘッドの工作(その3)

主連棒を取付けるプレートを作りました。0.3の穴が1ケ処 位置がズレましたが、組付けで修正します。

Photo_20210130160201

クロスヘッドに取付ました。中心の穴はφ1で、主連棒の取付用です。

Photo_20210130160301

ピストンロッド(φ0.8)に座を挿入して本体に半田付けしました。

Photo_20210130160501

この形状(プレート付)は初めての工作です。加工中 強度的にデリケートなところもあります。

 

 

 

2021年1月29日 (金)

形式2850(21)

ロッド類の工作 その2

クロスヘッドの工作 (その2)

ピストン棒側も2.6のエンドミルで深さ1.6の切込加工をしました。

A_20210129144001

10゜のゲージを使ってテーパー加工を同じ要領で行いました。

B_20210129144101

プレート(後述)取付け用のφ0.3を4ケ処あけ、ピストン用のφ0.8をあけてから、φ1.8を取り去りました。

C_20210129144801

 

2021年1月28日 (木)

形式2850(20)

ロッド類の工作 その2

クロスヘッドの工作(その1)

スライドバーとの嵌めあい部に溝入れをしました、スムーズに動きます。

Photo_20210128151001

中央のφ1.8を塞ぎます。

Photo_20210128151301

主連棒側の加工です、φ2.2のエンドミルで深さ2.85の切込をしました。

Photo_20210128151601

10゜のゲージを利用してテーパーの加工をしました。

Photo_20210128151801

2021年1月27日 (水)

形式2850(19)

お願いしていた動輪が修理から帰って来ました。

Photo_20210127155301

ロッド類の工作を始めました、その1です。

素材(ヤトイ共)を揃えました。

Photo_20210127155901

外形寸法に成形して合せ穴をあけました。クロスヘッドの穴はφ1.8で合せ穴では、ありません。

Photo_20210127160301

 

2021年1月26日 (火)

形式2850(18)

火室治具を作りました。要領は8550用と同じです。

円の径はφ15、全高さが18mmです。サドルに乗せた時に水平が保てます。

Photo_20210126152401

Photo_20210126152402

2021年1月25日 (月)

形式2850(17)

煙室戸の工作(その3)終

ヒンジをt0.7より削り出しました、穴は0.4です。

Photo_20210125162201

煙室戸に半田付けです。

Photo_20210125162401

ナンバープレートの製作と取付です。

Photo_20210125162501

Photo_20210125162502

2021年1月24日 (日)

形式2850(16)

煙室戸の工作(その2)

扉の旋削です、R加工は自作のスクレーパーで成形しました、轆轤(ロクロ)の要領です。

Photo_20210124150801

扉の完成です。裏のボスはφ2で中心の穴はφ1です、ここにナンバープレートを差込みます。

Photo_20210124150901

φ0.6の穴あけをして、オリエンテーション(配置)に注意しながら(その1)にボス部を差込ハンダ付けしました。

Photo_20210124151701

2021年1月23日 (土)

形式2850(15)

煙室戸の工作(その1)

設計図です。

Photo_20210123152101

煙室 嵌めあい部のリングをφ15から旋削しました。

Photo_20210123152301

エッチング板にハンダ付けしました。

Photo_20210123152401

裏 中心の穴はφ2です。

Photo_20210123152402

 

 

2021年1月22日 (金)

#8550Ⅱ(67)

ロッド類の工作(終)

第2連結棒・その2

クランクピンの穴あけ・etcの加工をしました。

Photo_20210122144101

ヤトイから外して周りを成形しました。

Photo_20210122144301

カシメピンを作って第1連結棒と繋ぎました。連結棒の完成です。

Niメッキは製作中の#2850などと一緒に行います。

Photo_20210122145101

2021年1月21日 (木)

#8550Ⅱ(66)

ロッド類の工作(その3)

第1連結棒・その2

クランクピンの穴あけ、溝入れ・etcの加工をしました。

Photo_20210121143301

ヤトイから外して周りを成形しました。

Photo_20210121143401

2021年1月20日 (水)

#8550Ⅱ(65)

ロッド類の工作(その3)

第2連結棒・その1

オシャカの代品を作りました。

Photo_20210120153101

第1連結棒と同様 成形用のヤトイに取り付けました。

Photo_20210120153301

2021年1月19日 (火)

#8550Ⅱ(64)

ロッド類の工作(その3)

第1連結棒・その1

関節部にφ1、クランクピン部にφ1.5の穴あけをして2個1にしました。

Photo_20210119165801

ヤトイに乗せてハンダ付けし、成形・溝入れ・クランクピンの穴を加工します。

Photo_20210119170101

使用したコーナーRカッターです。

R1.25

Photo_20210119170601

R1.5

Photo_20210119170701

第2連結棒も同時進行したのですが勘違いで失敗。

Photo_20210119170801

 

 

2021年1月18日 (月)

#8550Ⅱ(63)

ロッド類の工作(その2)

主連棒・その2(終い)

φ0.8を芯にしてt1.5のヤトイに平行にハンダ付けしました。

Photo_20210118164801

今回は溝の巾を0.8としました、使用したキーシードカッターです。

Photo_20210118165101

クロスヘッド部にM1のタップをたて、コッター、クサビをハンダ付けしました。これで主連棒は完成です。

Photo_20210118165401

2021年1月17日 (日)

#8550Ⅱ(62)

ロッド類の工作(その2)

主連棒の製作・その1

要領は前作と同じです、右のヤトイ重宝しています。次工程はコッター・クサビの穴あけ後 ヤトイを取替て溝加工をします。

Photo_20210117161501

2021年1月16日 (土)

#8550Ⅱ(61)

煙室カバーのナンバープレートを作りました。前作用も作りました。

両者の違いは嵌め合いボスの長さです。

Photo_20210116161101

2021年1月15日 (金)

#8550Ⅱ(60)

煙室戸の工作(その4)終い

ちょっと手間取りましたがヒンジを取付けました。

Photo_20210115193001

 

 

2021年1月11日 (月)

本棚のモーガル

工作が滞っているので、本棚に並べている近作の一部でお茶を濁します。

一番奥の形式7100は煙突とヘッドランプしか映っていません、真ん中が形式8150、手前が形式8550です。Photo_20210111155101

2021年1月 7日 (木)

#8550Ⅱ(59)

煙室戸の工作(その3)

クリートを作る、その3です。

φ0.4を通してハンダ付けしました。

Photo_20210107132401

ヤスリで成形したのですが、上手く出来ませんでしたが、これで良しとします。

Photo_20210107132801

2021年1月 6日 (水)

#8550Ⅱ(58)

煙室戸の工作(その3)

クリートを作る、その2です。

扉の角に合わさる部位を加工しました、その様子です。

Photo_20210106133401

上の治具は20゜の角度ゲージです。

Photo_20210106133601

所定の処にφ0.4の穴を深さ1.5で加工しました。

Photo_20210106133701

 

 

2021年1月 5日 (火)

#8550Ⅱ(57)

煙室戸の工作(その3)

クリートを作る、その1です。

図面を描きました。

Photo_20210105154701

t0.8を3枚重ねて一体物としました、因みに寸法は8X16です。これの両端を使います。

Photo_20210105155201

2021年1月 4日 (月)

#8550Ⅱ(56)

煙室戸の工作。(その2)

揉み付けです、ワンチャックで各位置を確認しながらの作業ですから気が疲れます。

Photo_20210104135501

穴あけをしました。

Photo_20210104135601

外周にφ0.4を埋込ました。

Photo_20210104135701

2021年1月 3日 (日)

#8550Ⅱ(55)

クロスヘッドの工作です、内側(主連棒の入るところ)とシルエット加工は終わっていましたので、φ0.5の埋め込みとピストンロッドの取付です。凸部を今回は0.3としました。

Photo_20210103160301

シリンダーブロックに仮挿入 スムーズに動きます。

Photo_20210103160701

 

 

 

2021年1月 2日 (土)

#8550Ⅱ(54)

動輪の追加工

MogulさんのブログによるとC56の動輪に中村精密のφ17.5を採用したところフランジ巾が2.8mmありサイドロッドとメインロッドが干渉するとのことでシリンダーブロックを新規に設計して製作したとの事。

進行中の#8550も同じ動輪を採用していますので急遽 実測したところクランクねじ部までの厚みが3.5mmもあり(通常2.9mm)この部位を追加工する事にしました、切削代は0.6~0.5を狙って加工しました。

加工前の状況

A_20210102152001

0.5mm切削している様子

B_20210102152201

ところが、この加工により軸部と面一に成りましたのでこの部位を0.15(φ5のエンドミル)掘り下げました。

C_20210102152801

加工後の様子です。

D_20210102152901

バランスウエイト面との差が0.05mmしかありませんので 製作中の連結棒が出来上がりましたら当たりをみます。

シリンダーブロックのシリンダー中心距離が25.5mmで出来上がっていますので 今回は余分な工作となりましたが次回からは0.5オフセットする様にします。

 

 

 

2021年1月 1日 (金)

8620

所有するメーカー完成品、ライト点灯・走りも問題ないのだが、掴み棒の白、ヘッドライトの形状、連結棒 溝の赤が気になる、これらに手を入れてランボードに白を入れて、テンダーにスピーカー搭載して 全体を少し汚そうか。

8620a

喪中の諸兄には申し訳ありません、今年の年賀状です。「野村(紅葉)」の心算です。

Photo_20210101033901

 

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »