フォト
無料ブログはココログ

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

EF60 514

メーカー完成品 つまりコレクションです。逆走行でライトが球切れで点灯せず、浜松のNさんに応援を頼んだ。

Ef60a

Ef60b

2020年12月27日 (日)

#8550Ⅱ(53)

ロッド類の工作(その1)

クロスヘッドはスライドバー部に蓋をしてロッドを取付ければ工作終了、次回報告します。

ロッドはt1.0  巾の大きい材料はt1.5で外周加工ゃ溝加工用のヤトイです。

前作は洋白で作りましたが工具の消耗が激しく 楽しくない工作でしたので今回はBSPで作り、Niメッキを施します。

2_20201227152001

2020年12月26日 (土)

三年ぶり

アラジンストーブの芯を3年ぶりに交換した、掃除も含めて2時間かかった、疲れる。

このストーブ購入したのは20年前、室温が20゜を下回ると使用する、それでも17゜~18゜になると薪ストーブのお出まし。

これは、暖かい(外気が-8゜になっても室温は24゜に保てる)

Photo_20201226170501

2020年12月25日 (金)

世界の鉄道’62

本棚を整理してたら「世界の鉄道三十七年版」が目に留まった、整理を忘れてついつい見入って頁をめくった。

表紙

37a

見開きのC62のひく特急「はつかり」最後の日(’60.12.10)

37b

雄別埠頭線・9224号

37c

2020年12月24日 (木)

#8550Ⅱ(52)

煙室戸の工作に掛かりました。(その1)

レース加工です、ボイラー径(φ18)に旋削して、ボイラー内径にあわせてインロー部(3mm)を旋削、同時に内側を深さ2.5mmの逃げを旋削しました。

Photo_20201224152001

そのままのチャッキングで所定の巾(長さ)にステッキング(突っ切り)しました。

インロー部をチャッキングして蓋のシルエット加工をしました。

Jpg_20201224152601

Jpg_20201224152701

ボイラー煙室部に仮に挿入してみました。

Jpg_20201224152801

 

 

2020年12月17日 (木)

タム3000

所用が重なって工作が進みません。

アダチのタ3000です、後の塗装済みがハーイの組立、手前の未塗装は浜松のNさんの作品(このキット ハッチがホワイトメタルで出来ていましたがインロウ部も隙間が大きいうえに形状も違っていたので新作したことを憶えています)

Photo_20201217184001

2020年12月16日 (水)

ア1900

浜松のNさんから 珊瑚のエッチング板が2枚(1枚は以前差し上げたもの)になったので1台どうぞと云う事で出世して帰って来ました、車輪はプラ製で出来ていました。

Photo_20201216163301

2020年12月15日 (火)

形式1100

物置で偶然見付けた#1100のエッチング板、抜のものは記憶に有ったのですが これは試作なのかどうかも覚えがありません。

実機は形状が3種類あるのですが、エッチング板のものは、実機でも試作機だったとの解説があります。

時間が経っていますので表面が黒ずんでいました、「薄めたサンポールで洗うと良い」との事で教えの通り洗いました。

B_20201215160901

以前作った28号機です。

Photo_20201215161101

組図に合わせてみました。

D_20201215161301

この機関車 部品図も含めてUSBに保存しています。又々浮気の虫が頭を出して来ました。

2020年12月14日 (月)

#8550Ⅱ(51)

テンダー上下を組立てました。丁度70gです。

3_20201214154801

2_20201214154901

2020年12月13日 (日)

#8550Ⅱ(50)

PMF方式のテンダー側の処理

ロコ側からの渡線の代わりに台車から集電します。(標準仕様)

Photo_20201213154501

スピーカー、コイル、コンデンサーを基板に纏めました。(標準仕様)

Photo_20201213154701

軸函の蓋が残っていますが、テンダー下廻りの組立は一応 終いです。

2020年12月12日 (土)

#8550Ⅱ(49)

テンダー床板の組立(2)

残りの部品です。

Photo_20201212164901

先に作って置いたステップも取り付けました。

A_20201212165101

上からの画像です、スピーカー基板を取り付ける為 間座を取付けています。

B_20201212165301

2020年12月11日 (金)

#8550Ⅱ(48)

リポート(22)の続きです。

テンダー床板の組立(1)

エッチングの物をチャンネルの内寸法に仕上げて、チャンネルにハンダ付けしました。

Photo_20201211153801

単台車の取付ねじ穴を加工して、チャンネル、端梁、カプラー座を組付けました。

Photo_20201211154101

 

2020年12月10日 (木)

#8550Ⅱ(47)

テンダー単台車を組立てました。出来は今一つです。(苦笑)

Photo_20201210143501

車軸穴をさらってφ9.5の車輪を入れてみました。赤マジックが絶縁側です。

Photo_20201210143601

ボギー台車も軸穴をさらって組立てました。

Photo_20201210143901

2020年12月 9日 (水)

#8550Ⅱ(46)

単台車の部品の加工が終わりました。

担いバネは内側から現合で嵌め込みます。

Photo_20201209153801

2020年12月 8日 (火)

#8550Ⅱ(45)

テンダの単台車を作ります。

設計図です。

Photo_20201208153801

必要部品の材料です、成形は終わっています、担いバネはボギーと同じくサンゴNo259を使用です。

Photo_20201208154101

2020年12月 7日 (月)

#8550Ⅱ(44)

ボギー台車の組立(3)

イコライザー・担いバネなどを組付けました。

Photo_20201207164301

枕梁を取付けました。後工程は軸穴合せと軸函蓋が残っていますが、これは単台車 組立時に同時に行います。

2_20201207164701

2020年12月 6日 (日)

#8550Ⅱ(43)

ボギー台車の組立(2)

アルミで組立治具を作りました。巾を28mm(上梁と同一)にし、端面から6mmの処に巾0.6深さ2.2のスリット加工をして、中央部を11mm残して両側を0.2mm切削しました。

Photo_20201206173801

半田付けで組立てました。

Photo_20201206174201

2020年12月 5日 (土)

#8550Ⅱ(42)

ボギー台車の組立(1)

下梁の角部をストッパーにして軸受部をハンダ付けしました。

Photo_20201205155201

梁の下面から1.5mmの処に軸函の下面を合せてハンダ付けしました。

Photo_20201205155501

次は上梁の工作ですが、枕梁と軸孔との関係がありますので治具が必要です。今晩考えます。

2020年12月 4日 (金)

#8550Ⅱ(41)

テンダーステップの工作(2)

昨日成形したものは加工中、目盛を間違いオシャカ(失敗)になり、再度作りました。

今回は快削性の良いFBを使用しました。

Photo_20201204162101

一応完成としました、余り良い出来ではありませんが。

Photo_20201204162401

前作のステップです、これももう一つです。

B_20201204162501

ステップはこの稿で終いです。

2020年12月 3日 (木)

#8550Ⅱ(40)

テンダーステップの工作(1)

設計図です、前作より手順を変更して設計しました。

Photo_20201203151201

t1.5(部品)t2(捨て金)を半田付けして11X5に成形しました。

中央に巾1mm深さ1mmの溝を切削しました、これは2分割用です。

両側にR5(深さ1.6)の加工をしました。

Photo_20201203152001

2020年12月 2日 (水)

#8558Ⅱ(39)

テンダーボギー台車の部品(39)

枕梁は21X5Xt1の短冊に中心にセンターピン用のφ3.1と両端に上梁に取付用のφ1.5を4ケ処加工しました。

軸函は3mm厚X10mm(3け取)X8mmを2枚作りR0.75コーナーカッターと30゜の角度ゲージで成形したのち0.5キーシードカッターで3分割し高さを2mmにしました。6ケ作りました、残り2ケは単台車用です。

下梁はt1を上面加工し鋸刃利用のカッター(t0.4)で加工しました。

Photo_20201202132501

2020年12月 1日 (火)

#8550Ⅱ(38)

テンダーボギー台車の部品(1)

軸受部はt1.5を2枚合せて裏表を加工して4ケ取としています。

上梁はt0.5で枕梁取付用のM1.4のタップをたてています。

イコライザーはt0.3です、下はイコライザー加工時の捨金です。

担いバネはサンゴNo.259で巾を10.5mmに追加工します。

Photo_20201201154201

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »