フォト
無料ブログはココログ

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

形式8550(7)

フレームのスペーサーを作りました。

第3動輪部のスペーサー加工

Photo_20200131005201

揃ったフレーム関係

Photo_20200131005301

2020年1月30日 (木)

形式8550(6)

サドルを作りました。前述の通り組立時調整のため設計数値より1mm長くしている。

R加工

Photo_20200130023401

サドル座は調整後半田付け。

Photo_20200130023501

2020年1月29日 (水)

形式8550(5)

フレームに取付はM4で締め付けます、そのM4のタップ加工です。

Photo_20200129034901

両側の小さい穴(φ0.8)は弁室取付用のものです。

Photo_20200129035101

2020年1月28日 (火)

形式8550(4)

#8150も気になるが、検討序にシリンダー部を工作することにした、今回はサドル部は別パーツとしてボイラーレベルを調整することにした。

シリンダー部の加工(φ3~φ7まで5回通した)

Photo_20200128032701

シリンダー部の加工完

Photo_20200128032801

加工中のトラブルを回避する為半田付けしていた 補強のt1.0を取り除いた。

Photo_20200128033101

2020年1月27日 (月)

形式8550(3)

シリンダーブロックを検討したところ取付部の深さが3mm必要なことが判明(飽くまでも筆者の設計上の話し)

1.5mm追加工して3mmとしました。

Photo_20200127223601

2020年1月26日 (日)

形式8550(2)

動輪のギヤーを交換しました。M0.25 47T(L)です。

Photo_20200126210501

ストックしているケースを使用します(中間のギヤーは40T(R)です。)

Photo_20200126210701

 

2020年1月25日 (土)

形式8550(1)

同人誌のメッセージボードに#8550の部品製作のリポートが有りました、競うつもりはサラサラ有りません(皆さんの工作力には程遠い)が大分以前に作ったフレームが有ります、使えるかどうか筆者作図の組立図にプロットしてみました 結果使えそうなので、モーガルの3作目候補としてみました。(形式8150の工作が優先ですので確約は出来ません)

検討図

Photo_20200125191301

以前作ったフレーム(使用するのはフレームのみでスペーサーは交換します)

Photo_20200125191601

実機は先台車の上部にスプラッシガードが有りますが 今作では省略します。

 

2020年1月24日 (金)

形式8150前期型(16)

フロントデッキをまとめる(その二)

KD6とスクリューの交換式としました。

Photo_20200124010001 Photo_20200124010002

φ3Xφ1.5Xt0.4のワッシャーを介してM1.4で取付けます。

2020年1月23日 (木)

形式8150前期型(15)

フロントデッキをまとめる(その一)

カプラー座を作りました。(使用するのはt1.0ですが序ですからt1.5も作りました)

R4のコーナーエンドミルで加工

Photo_20200123152401

R加工済の状態です。

Photo_20200123153001

KD8がよいのですが入手できません、手元に古いKD6が1ケ有りましたので、それで設計しました。

φ2にφ1.7の段をつけM1.4のタップを立てたものを座に半田付けした物をデッキに取り付けました。

Photo_20200123153501

2020年1月22日 (水)

形式8150前期型(14)

シリンダーブロックを作る(終い)

シリンダーのカバー、スライドバー、ドレンを取付けました。(スライドバーは再利用です)

Photo_20200122031801 Photo_20200122031802 Photo_20200122031803 Photo_20200122031804

2020年1月21日 (火)

形式8150前期型(13)

シリンダーブロックを作る(その五)

弁室とシリンダーを取付けました、φ0.8のパイプはシリンダーまで通しました。

Photo_20200121015601

2020年1月20日 (月)

形式8150前期型(12)

シリンダーブロックを作る(その四)

サドル座を取付けて煙室の座りが良い様に中グリ加工をしました。

Photo_20200120014301

弁室は仮止めです。

2020年1月19日 (日)

形式8150前期型(11)

シリンダーブロックを作る(その三)

弁室を作りました。

Photo_20200119014001

蓋の上部の面取り加工に使用した「センタ面とりミル」です。

Photo_20200119014401

2020年1月18日 (土)

形式8150前期型(10)

シリンダーブロック(その二)

サドル部加工の為のフライホイールを作りました。

Photo_20200118125101

加工中の画像です。

Photo_20200118125201

サドル部R加工の完成です。

Photo_20200118125301

下側よりフレームに取付用のM4タップ加工をしました。

 

 Photo_20200118125601

 

2020年1月17日 (金)

形式8150前期型(9)

シリンダーブロックの工作に掛かりました。(その一)です

本体ブロックと弁室の成形です、シリンダーのRはφ7.5のエンドミルで通しています。

Photo_20200117170501

2020年1月16日 (木)

形式8150前期型(8)

フレームから離れて動輪の改造です。

第一動輪にコンタクトホイール(▢7X2.5)を挿入して、M1.4(90゜2ケ処)で締付る様にしました。Photo_20200116010001

第二動輪のギヤーはM0.25のL39Tに交換しました。(ローレットが健在でしたので挿入だけでOKです)

分解した状態

Photo_20200116010301

こんな具合です。

Photo_20200116010601

Photo_20200116010602

 

2020年1月15日 (水)

形式8150前期型(7)

フレームを組立てました。押え板もコンタクトホイール部を改修しました。

Photo_20200115002901

2020年1月14日 (火)

形式8150前期型(6)

スペーサーを作りました、押え板は旧品を追加工で使用しますので、取付ビス穴は組立後現物合わせで加工します。

シリンダーブロックを新作します、これはM4で取付ますのでφ4.2の穴加工をしました。

Photo_20200114010401

2020年1月13日 (月)

形式8150前期型(5)

下廻りを分解しました、スペーサー部を廃棄としましたがフロントビームと同じく新作します。

Photo_20200113011301

2020年1月12日 (日)

転轍手詰所Ⅳ(終い)

組立てました。

妻側

Photo_20200112011901

正面

 

Photo_20200112012001

背面

Photo_20200112012201

斜め(見取)

Photo_20200112012301

 

2020年1月11日 (土)

転轍手詰所Ⅳ(6)

パーツが揃いました、今回 屋根は波板です。

4

2020年1月10日 (金)

転轍手詰所Ⅳ(5)

柱(1X1)窓枠(1X0.5)を自作のキーシードカッターで作りました。

2_20200110003301 3_20200110003401

2020年1月 9日 (木)

転轍手詰所Ⅳ(4)

妻板両側の斜めは片方を2゜のゲージを使って切削し反対側を4゜のゲージで加工しました。

Photo_20200109014101

使用した角度ゲージです。

Photo_20200109014201

ハンダ付けを剥して左右に分けました、背板も作りました。

8

2020年1月 8日 (水)

転轍手詰所Ⅳ(3)

屋根の勾配加工(20゜)です、20゜の角度ゲージを使用。

Photo_20200108015501

Photo_20200108015601

2020年1月 7日 (火)

転轍手詰所Ⅳ(2)

妻板は前作と同様t0.8を2枚合せて28X15.5に成形しました。

Photo_20200107020501

板目を入れました。

Photo_20200107020601

窓抜きはφ1のエンドミルで加工し隅をヤスリで仕上です。

Photo_20200107020901

2020年1月 6日 (月)

転轍手詰所Ⅳ(1)

#8150のロコがわの改造は工具の調達が必要となりましたので、到着するまで暫く休止します。

又々転轍手詰所ですスケッチと組立図を載せます。

Photo_20200106162001

Photo_20200106162002

2020年1月 5日 (日)

形式8150前期型(4)

テンダー上下を組立てました。

Photo_20200105014101

横から

Photo_20200105014102

この上廻りは2度目のもので、内寸で作った治具で成形したものです。その時のアルミ(A5052)治具です。

Photo_20200105014701

2020年1月 4日 (土)

形式8150前期型(3)

テンダーの妻板を追加工作をしました。

テンダードライブの切りかけ

Photo_20200104012201

塗装を剥がしました。

Photo_20200104012301

給炭口をそれらしく取付けました。

Photo_20200104012302

2020年1月 3日 (金)

形式8150前期型(2)

スピーカーユニットとしました。

Photo_20200103020101

間座(φ3Xφ1.5Xt0.7)を介して下廻りに組付けました。

Photo_20200103020301

Photo_20200103020401

2020年1月 2日 (木)

形式8150前期型(1)

TMS188,189(1964年)の平野御大の記事に触発されて作った8150前期型があります、

これの改造をモーガルの2作目としました。

組立図です、(目標)

Photo_20200102011501

PMF方式のサウンドを載せますのでテンダーの追加工をしました。

集電用のシュー(φ0.25リン青銅)

Photo_20200102012001

例によって台車に基板を介して半田付けしました。

Photo_20200102012101

2020年1月 1日 (水)

形式7100

仮組しました、罐ステーとブレーキが未だですが!

右側面です

Photo_20200101122001

左側面です

Photo_20200101122101

俯瞰です

Photo_20200101122201

喪中の諸兄はごめんなさい。年賀状です(蜜柑の実です)

Photo_20200101122301

次回モーガル 形式8150前期型に挑戦します。

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »