フォト
無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

C55炭水車の改造(11)

再開しました、本機は門デフのC55でATS発電機を搭載します、テンダーに車上子を取り付けました。

Photo_20190731003401

Photo_20190731003402

2019年7月30日 (火)

解放テコを作る(その二)

線材は0.4mmです、中央部に≒R6を付けてから治具に置いてから先端部を曲げました、次にテコ受け部の曲げですが これは手前のピンで曲げ癖を付けてから一度治具から外してヤットコで直角に成形してから治具に戻し両端を曲げました。

Photo_20190730010401

両端はおおよそ75゜に成形し6mmの所で手動解放部を付けました。

2_20190730010801

この稿は以上です。

 

2019年7月29日 (月)

解放テコを作る(その一)

市販品も有るのですが、当地では入手出来ませんので自作する事にしました。

先ずは治具を作ります8X6X30.5のブロックが必要なのですが近い寸法のものが見当たりませんので大きい材料からキーシードカッター(φ26Xt0.5)で切り出しエンドミルで成形しました。

Photo_20190729033801

曲げ治具ですから各コーナーにφ0.4のピンを立てます

揉みつけてからボール盤で穴あけです。

2_20190729034201

3

2019年7月28日 (日)

菜園(1)

今年は天候不順で育ちが悪いのですが チョッピリ収穫しました。

Photo_20190728003001

キュウリが己生え(自生)しました、苗よりのものより勢いがあります。

Photo_20190728003401

2019年7月27日 (土)

EB50(終)

20数年前に神田のお店で購入した「カワイ」製のPS14を乗せました。

161

未塗装ですがこの稿で終いとします。

162

ナンバープレートはEB502を用意しています、塗装前にハンダ付けします。カプラーをKD8で設計していますが入手が困難な様なのでチョット困りました。

 

2019年7月26日 (金)

EB50(15)

パンタ台を3.5X3.5X1(φ1.4)で作り ハンダ付けしてから8”(200mm)の細目で平らにしました。

15

 

2019年7月25日 (木)

EB50(14)

屋根板の端から3mmのところにφ1の穴をあけ、車体に取り付けました、序にヘッドライトも取り付けました。

14

2019年7月24日 (水)

EB50(13)

ヘッドライトの点灯化のためリード線用の穴をあけました(ポンチに沿ってボール盤でも良いのですが 掴みずらいのでヤトイにハンダ付けしてフライス加工しました。)

ヤトイの穴はガス抜きです。

Photo_20190724004201

ヤトイの端面より7.3mmの所にセンタードリルで加工しました。

Photo_20190724004301

2019年7月23日 (火)

EB50(12)

上回りを床板に取付します、その時の車体側の板です。中央の穴はφ2.2で枕梁と床板の取付ビスの逃げ穴です。

Photo_20190723013301

車体にハンダ付けした状態です。

Photo_20190723013401

2019年7月22日 (月)

EB50(11)

車体を組立てました。

Photo_20190722011101

Photo_20190722011102

2019年7月21日 (日)

EB50(10)

側板にペンチレーターを嵌め込み、妻板に扉を取付、屋根板を成形してモニターを取付けました。

Photo_20190721031501

2019年7月20日 (土)

EB50(9)

側板のペンチレーターをt0.3から作るのですが 工作上の都合からt1.0にバーナーで合板としました。

Photo_20190720025001

1mmビッチで筋を付けました その様子です。

Photo_20190720025201

10.5mm角に成形してコーナーをRカッター(R1)で加工しました。

Photo_20190720025501

まだt1.0と一体物ですが、この後炙ってt0.3を使用します。

Photo_20190720025801

スジ入れに使用した特注の工具です。

Photo_20190720025901

 

2019年7月19日 (金)

EB50(8)

エッチング板です、t0.4のBspで出来ています t0.3のNspの方が良かったかな~。

Photo_20190719003801

2019年7月18日 (木)

EB50(7)

上回りは切出しを予定していたのですが、窓の縁どりが煩わしいので エッチング板としました。版下は2倍で描いています。

Photo_20190718003701 Photo_20190718004301

2019年7月17日 (水)

EB50(6)

下廻りを組立てました 端梁のM1.4のナベは塗装後六角ボルトに変更します。Photo_20190717024301 Photo_20190717024401

2019年7月16日 (火)

EB50(5)

端から3mmの所にステップを取り付けましたが、これが滑り易く1ケは再組立てしてから取付ました。

Photo_20190716162301 Photo_20190716162302 Photo_20190716162201

2019年7月15日 (月)

EB50(4)

ステップを作りました、アルミの治具を作ってハンダで組立(なかなか難しい)

Photo_20190715143002 Photo_20190715143001

2019年7月14日 (日)

EB50(3)

床板はt1.0です、デッキ部に市販のチェッカー板を使いました。

Photo_20190714182101 Photo_20190714182102

2019年7月13日 (土)

EB50(2)

軸函は「みやざわ」の電関用(ドロップ製)が在りましたので それを使用しました、連動は34mmのインサイドギァーです(Ozuさんにいただいたものです)モーターは大分以前に秋葉原のジャンク屋で求めたものです ¥120だった記憶があります。

Photo_20190713232301 Photo_20190713232201

2019年7月12日 (金)

EB50(1)

筆者が鉄道模型を始めた頃 地方では部品の入手が困難で(経済的にも)自作が基本でした。今回のEB50は1955年頃の工作雑誌に載っていた0番ゲージ(Oゲージではない)の作例を16番ゲージ(HOゲージではない)に縮尺して、金属(真鍮)で工作した自由型です。

Photo_20190712115301

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »