フォト
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

雨宮21号機

Mogulさんの北海道土産、丸瀬布の雨宮製21号機、ダイヤモンドスタックの煙突が森林鉄道の特徴。

Photo_3

Photo_4


2012年11月29日 (木)

秋晴れ

富士

Photo

甲斐駒

Photo_2


2012年11月28日 (水)

4926D

上り、宇和島発→松山行 4926D (伊予吉田駅)

Photo_2


2012年11月27日 (火)

4919D

下り、松山発→宇和島行 4919D (伊予吉田駅)

Photo


2012年11月26日 (月)

1067D

松山発→宇和島行 宇和海17号(1067D バイキンマン) 伊予吉田駅

Photo_3


2012年11月25日 (日)

1060D

宇和島発→松山行 宇和海10号(1060D) 宇和島駅

Photo

Photo_2


2012年11月24日 (土)

御旅所

神輿

Photo_4

祝詞

Photo_5

稚児

Photo_6

獅子舞(佐伯町)

Photo_7

2012年11月23日 (金)

お練(牛鬼)

丸穂の出し物、愛媛県の南予地方の祭りりには欠かせないもの、その中でも「丸穂」のものが最大級であり最も荒々しい(丸穂の牛鬼は夏の和霊さま用のものもある)ブーヤレ、ブーヤレ

Photo


Photo_2


Photo_3


2012年11月22日 (木)

お練(猿田彦)

大工町の出し物、巫女の舞が良い。

宵宮
Photo_5

愛宕町(旧裡町)
Photo_6

Photo_7

御旅所
Photo_8


2012年11月21日 (水)

秋祭り(八つ鹿)

宇和津彦神社(旧社格「県社」宇和島藩の一宮)のお練(裏町1丁目)
「回れ、回れ、水車、遅く回りて堰に止るな、堰に止るな」

宿(宵宮)
Photo

宵宮
Photo_2

天赦園(Ma兄ちゃんの撮影)
Photo_3

町内に帰ってきて
Photo_4


2012年11月20日 (火)

9324レ

「風っ子やまなし4号」 (鳥久保踏切)


Photo_3


Photo_4


2012年11月19日 (月)

9322レ

「風っ子やまなし2号」 EF6437+キハ47+キハ48+キハ47+EF6439(プッシュブル運転)


Photo


Photo_2


2012年11月18日 (日)

紅葉の小海線

10日ほど前の撮影です、今は落葉しているかも?

Photo

Photo_2

Photo_3

2012年11月17日 (土)

卯之町駅

西予市にある予讃線の駅、明治期の町村制施行時に他2村と合併して宇和町になっているが、街やが卯之町にあったので開通時(昭和16年)駅名を卯之町とした(これは筆者の勝手な解釈)。
現在の駅舎は開明学校を模して造られており、車寄せの屋根が唐破風、窓がフランスアーチなのが特徴である。

Photo

宇和島から乗ってきた1060D(宇和海)Photo_2


2012年11月16日 (金)

卯之町散策

卯之町は西予市宇和町の一部であるが筆者は今でも卯之町の呼びがピッタリくる。

町並み
Photo

鳥居門(土地の庄屋の長屋門、分を超えている)
Photo_2

高野長英隠れ家
Photo_3

卯之町のポスト
Photo_4

2012年11月15日 (木)

20年振り(旧開明学校)

帰省の折に卯之町を散策した、1992年に見学した時のスケッチが出てきた、20年ぶりである。開明学校は明治15年の建造とのこと。

現在のたたずまい
Photo

今回のスケッチ
Photo_2

1992年のスケッチ
Photo_3

赤いポスト
Photo_4


2012年11月14日 (水)

車窓から(しおかぜ15号)

瀬戸大橋

Photo_4

多度津の給水塔

Photo_5

新居浜で交換した しおかぜ22号(22D)

Photo_6

伊予西条の給水塔

Photo_7


2012年11月13日 (火)

車窓から

旧立場川橋梁 ボルチモアトラス構造 1904年~1980年 427M松本行の車窓から

Photo

Photo_2

多治見のEF641015 しなの6号車窓から

Photo_3


2012年11月12日 (月)

クモハ114-1098

伯備線のクモハ114-1098 (岡山駅)

Photo


2012年11月11日 (日)

秋色の富士

Photo


Photo_2


Photo_3


2012年11月10日 (土)

塩尻駅にて

156M ミニエコー(クモハ123 4)

Photo

1827M (313系) 中津川→松本

Photo_2


2012年11月 9日 (金)

石北線のコンテナー

Mogulさんに頂いた石北線のコンテナー貨物列車、機関車は前後にDD51(スイッチバックの関係から)

1.遠軽駅(スイッチバック)

B

2.常紋峠(164kp)

B_2

3.北見駅

B_3


2012年11月 8日 (木)

4823D

窪川発→宇和島行 ホビートレイン(4823D)キハ32 4 (松丸駅)


Photo


Photo_2


Photo_3


2012年11月 7日 (水)

鰻魂碑

予土線の松丸駅から上り側の第一踏み切りの傍にある、広見川(四万十川の支流)で獲った鰻の供養碑とのことである。
「鰻魂碑」何と呼ぶのかな~、鰻の音読みは何ていうのかな~、悩んでいたら、横で聞いていた嫂さんが教えてくれた「まんこんひ」じゃないと、胸の痞えがとれた。


Photo


2012年11月 6日 (火)

冬桜

今年も咲いた。春程ではないが白い一重の花弁が可憐である。


Photo_3


Photo_4


Photo_5


2012年11月 5日 (月)

吉野生駅

予土線の駅、旧宇和島鉄道の吉野駅として誕生、10年後の1933年(昭和8年)国有化時に現在地に移転と同時に吉野生駅に改名している。(当時は吉野生村であった)
旧宇和島鉄道は軽便鉄道で軌間762mm、機関車はドイツのコッペル社製(C1400)であり、吉野駅も2階建寄せ棟造り、本瓦葺の漆喰壁の立派な駅舎であった。
現在の駅舎は建物財産標によると昭和8年8月とあり移転時の建物であることがわかる。


Photo


Photo_2


1日2回、列車の交換がある
Photo_3


2012年11月 4日 (日)

収穫祭

Maroさんち、の「収穫祭」を取材した、田圃の刈入れ脱穀は終わっているのだが、米倉に保管している人力脱穀機、手回し扇風機を持ち出して古代米(赤米)をセレモニーとして脱穀する、日が暮れてから囲炉裏を囲んで大道芸やギター生オケで遅くまでワイワイと楽しむ。

Img_1600


Photo


Img_1601


2012年11月 3日 (土)

松丸の秋祭り

愛媛県北宇和郡松野町松丸の祭りを見てきた、小振りな内容だが、吉野と違って牛鬼と四つ太鼓(山車の様なもの)が、ぶつかり合う勝負もあり、なかなかの見応えがあった。Ma兄ちゃんによると以前は五鹿とか獅子舞もあったとのこと。(二日後に県の歴史文化博物館に行ったところ松丸の五鹿が展示してあった)


Photo


Photo_2


Photo_3


2012年11月 2日 (金)

今日の富士

もう少し陽が傾くと時間差がでるのだが。


Photo_4


Photo_5


吉野の秋祭り

愛媛県北宇和郡松野町吉野に在る蔵王神社の例祭、宮だしから始まって旧村落を回り、最後に宮入。
何とも、素朴ではあるが一所懸命なのがいい。


Photo


Photo_2


Photo_3


2012年11月 1日 (木)

ハッピーな事

昨日のことである、名古屋から乗った「しなの」で隣に座っていたお嬢さんと塩尻まで話が弾んだ、名前も年齢も聞いていないので、仮にK子さんと言おう。
彼女の左の薬指にダイヤのエンゲージリングが輝いていた、なんでも挙式は来年5月、下社の秋宮で執り行うとの事であった、実にハッピーな感じが顔に出ていた。
塩尻駅でもらった温かいアップルテイー殊更に旨かった、K子さんにFight
notes幾つ春を数えても、幾つ秋を数えても二人で居よう」

瀬戸の凪
Photo

Photo_2

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31