フォト
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

335M

下り、甲府発→小淵沢行 (335M)(鳥久保)


Photo


Photo_2


2012年4月29日 (日)

清春芸術村

ソメイヨシノが満開の清春芸術村、この老木1925年に旧清春小学校が建てられた時に植えられたものとの事、樹齢87年である、以前、ソメイヨシノの寿命は70~80年と聞いたことがあるが?(染井村で培養されてから年月が経っていなかったせいか)
何でも、何処かに樹齢120年のものが存在するらしい。


B


2012年4月28日 (土)

早蕨

今年も隣の空地に蕨が顔を出した、早速摘み取り、ステンレスのボールに並べ、小さじ一杯の重曹を振りまき
熱湯に浸して、落し蓋を乗せる、温度が常温になれば灰汁はとれる。
出汁と味醂、醤油で煮、ごま油で香り付けをした、うん、やっぱり美味い。


Photo


2012年4月27日 (金)

こばざくら?

この桜、年に2度咲く、春は少し赤味の花びらで、冬は白い花びらが咲く、一般的には「冬桜」と呼ばれている。
筆者の主観では、やはり春の方が華やぎがある。


A


B


C


2012年4月26日 (木)

333M

下り、塩山発→韮崎行 (333M)(甲府駅)


Photo


2012年4月25日 (水)

大糸桜

樹勢が衰え、以前ほどの華やかさはないが今年も花を咲かせた「神田の大糸桜」 風防用のネットが気になるが
八ヶ岳をバックに撮って来ました。

Photo


Photo_2


B


Photo_3


2012年4月24日 (火)

435M

下り、甲府発→長野行 435M 所要時間3時間42分


Photo


Photo_2


2012年4月23日 (月)

霧の中

今日で4日、雨が降っています、画像は小屋の東側を撮ったものです、昨夜は久し振りに薪ストーブの世話になりました。(桜は今が見頃なのですが)


Photo_3


雨の小海線

列車は小諸発→小淵沢行の228D、甲斐大泉駅で4人下車、皆さん良いカメラを提げていた、撮り鉄さんか。


Photo


Photo_2


2012年4月22日 (日)

里の春

固体の差はあるが、辛夷も梅も桜も一度に花を咲かせた、何処かにに花咲爺さんが居るのか?
田お越しも始まっているが八十八夜までは遅霜も油断できないので、野菜の露地物は端午の節句頃に植え付けをしょう。(notes春の息吹を受けたらすぐに、花を抱きしめ踊り出すのよ、あなたといっしょに~~)


Photo


2012年4月21日 (土)

3628M

上り、甲府発→富士行 (3628M)(甲府駅)


Photo


2012年4月20日 (金)

川井のアーチ橋梁(青梅線)

大丹波川に架かる、上路形コンクリートアーチ橋梁


E233系(Mogulさん提供)
Photo


ED16の牽く貨物列車、トラが7両、後にホキがみえる(Mogulさんのアルバムより拝借)
Photo_2


2012年4月19日 (木)

神代桜

昨日、山高の神代桜を観にいった、何時もは閑散としているのだが、芋の子を洗う様な人でいっぱいだった。
費用は駐車代¥500.-


A


B


2012年4月18日 (水)

E10 2

模型は16番ゲージでメーカー品のジャンク状態のものをレストアしたもの、ライトはLED点灯、キャブ(運転室)にスピーカーを搭載している、貨車を24両、牽かせたが充分な余力を残していた。
実機のE10 2は1948年汽車製造・大阪で造られ同年新潟局に配属、最後は米原に居たが1962年大宮に回送されて廃車となり、現在「青梅鉄道公園」に静態保存されている。


Photo


2012年4月17日 (火)

440M

上り、長野発→甲府行(440M)(房屋敷)


Photo


Photo_2


2012年4月16日 (月)

八王子駅で出会った

14日、15日に運行された、「快速いろどり桃源郷パノラマ号」 なんとも長い愛称だ。使用車輌は485系6両
画像は上りで小淵沢発→千葉行(小淵沢~新宿9562M、新宿~千葉9323M)


Photo


2012年4月15日 (日)

昨日(14日)より臨時列車運行

小淵沢~野辺山間の臨時列車運行がはじまった(土、日)(甲斐大泉)


先に到着した8256D
Photo


後から入ってきた、下り小諸行 229D
Photo_2


2012年4月14日 (土)

22M

上り、松本発→新宿行 スーパーあずさ22号(22M)(神田)


Photo


2012年4月13日 (金)

70M

上り、松本発→新宿行 あずさ20号(70M)(房屋敷)


Photo


2012年4月12日 (木)

19M

下り、新宿発→松本行 スーパーあずさ19号 (鳥久保踏切)


Photo


2012年4月11日 (水)

久し振り

日野春駅で久し振りに出会ったスカ色の115系、下り、大月発→小淵沢行(345M)


Photo


2012年4月10日 (火)

558M

上り、小淵沢発→高尾行 (558M) (大滝神社)


Photo


2012年4月 9日 (月)

343M

下り、甲府発→小淵沢行 (343M)(鳥久保踏切)


Photo


Photo_2


2012年4月 8日 (日)

昨夜の月

月齢を調べてみた、15.5との事である、撮影時の気温-1゜ 一枚目はオート、二枚目は夜景モードで撮影
肉眼で観るのとまるで違う。


Photo


Photo_2


2012年4月 7日 (土)

もしかして

室蘭本線、上りのコンテナー列車、もしかして、青函トンネルを潜るのかな~、牽引機DF200は車輌限界ギリギリの設計とのことである。(Mogleさんの北海道土産は本稿で、ひとまず終了)


Photo


2012年4月 6日 (金)

北海道の貨物列車

室蘭本線、DF200の牽く下りの石油輸送貨物列車、札幌ターミナルまで行くのか? DF200はDD51の1.5倍の出力があるとの事である。


Photo


2012年4月 5日 (木)

RED BEAR

JR貨物(北海道)のDF200愛称RED BEAR ヒグマのことかと思ったが公募で決めたものとの事(ヒグマの英訳はBROWN BEAR)それにしても RED BEAR うん!いい。


Photo


2012年4月 4日 (水)

風はあるが

さきほど(15:30)の富士、デジカメの設定をオートからマニアルに切替えて撮影、肉眼でみるのと、ほぼ同じ露出が得られた。(本日2度目の記事)


Photo


おきみやげ

昨夜の嵐の置き土産、朝方肩がさむいので目が覚めた、カーテンを開けたらご覧の通り、今日は朝から日差しはあるが強い風が吹いている。


Camhd2hi


Canefdsz


2012年4月 3日 (火)

本輪西貨物ターミナル

室蘭にある、北海道で唯一の石油輸送列車の発駅である、写真には写っていないが油槽所の規模は大きく、航空写真を見るとシーバースが6本、確認できた、停泊している船舶にLNGタンカーも確認できたし、陸上にもLNG用タンクも見えた。(画像は後日記事とするものを含めMogulさんの提供)


Photo


2012年4月 2日 (月)

232D

上り、小諸発→小淵沢行(232D)(小淵沢の築堤、昨日の古い写真とほぼ同じところ)

逆光で露出があっていない、肉眼ではもっとハッキリしていた。
Photo


Photo_2


2012年4月 1日 (日)

古い写真

小淵沢の大築堤(大カーブ)を走る、C5626の牽く下りの客車列車、客車は2輌ともモニタールーフだが一両目はダブルルーフでトルペード形ベンチレーターがついている、両車ともターンバックルで床板を矯正している。
珍しいのは、赤帯の時代のもの、赤帯(3等車)は1940年(昭和15年)2月11日~廃止されているので、少なくとも72年以上前のしゃしんである、背景は南アルプスで麓あたりまで積雪が見られるので1月か2月ころではないか?(本画像については申し訳ありませんが2次使用はご遠慮下さい)


Photo

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31