フォト
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月29日 (土)

落陽

notesみやげにもらったサイコロふたつ、手の中でふれば、また振り出しに戻る旅に、陽が沈んでゆく」
放浪いいじゃないですか、簡単にあがったんじゃ人生、面白くない。(願望)
画像は東海環状自動車道、鞍ヶ池ハイウエイオワシスにて、サイコロふたつじゃチンチロリンは出来ん。


Photo


Photo_2

2011年10月28日 (金)

536M(飯田線)

飯田線の119系 上り本長篠発→豊橋行(長篠城、本丸跡)

Img_2074_1


Img_2072_1


2011年10月27日 (木)

今朝の富士

富士急ランドから見た、今朝の富士、いつの間にか雪が融けていた。(画像はバスから撮ったもの、座席がミラーで写っている、残念)


Img_2067_1


2011年10月26日 (水)

C58 367

実機は1944年(昭和19年)川崎重工製、1970年(昭和45年)小松島で廃車になっています。
模型は宇和島機関区での写真を参考に作図し、キットを組立、重油タンク、集煙装置etcを造って取付ました、
本機も先の112同様、LED点灯SW付です。


Photo


Photo_2


Photo_3


2011年10月24日 (月)

223D

小淵沢発→小諸行、223D(川俣渓谷、東沢橋梁)
落葉が未だなので露出が合わない、実際には橋梁もキハも緑が濃い。


Photo


2011年10月23日 (日)

京急(鮫洲)にて(4)

鮫洲の運転免許試験場から大井競馬場方向へ数分、歩くと左側に倉庫がある、左に曲がるとモノレールの下側に京浜運河に架かる歩行者専用の吊橋がみえる、この橋の名称は「かもの橋」、
渡った所が「パトリア」と云う商業施設とか、区役所の出張所、郵便局、クリニック、小学校、中学校もある「八潮団地」、筆者が居住していた頃は人口2万人であったが10年過ぎたので今はどうだろうか。
画像は鮫洲で通過列車待ちの1500系で、この電車も妻下側にアンチクライマーを備えている。


Photo


2011年10月20日 (木)

八ヶ岳高原大橋

川俣渓谷に架かる橋で規模が一番大きい、説によると川底まで110mあると言う。
長坂ICを降りて清里方面へは近道である。(清里側の駐車場で撮影、バックに甲斐駒ケ岳が見える)

Photo


2011年10月19日 (水)

京急(鮫洲)にて(3)

通過列車を待ち合せ中の二代目800形、妻下のアンチクライマーが懐かしい。


Photo


2011年10月18日 (火)

赤岳

今朝の赤岳、高原大橋の駐車場より。手前の谷が川俣渓谷


Photo


Photo_2


2011年10月17日 (月)

京急(鮫洲)にて(2)

鮫洲駅を通過していく600形(3代) この駅の近くに鮫洲の試験場(更新所)があるのですが筆者は5回お世話なっています。


Photo


2011年10月16日 (日)

紫苑(しおん)

10月16日の誕生花、キク科の多年草 花言葉「君を忘れず」 ズーと片思いなのか、10月16日は筆者の誕生日である、今日でウン歳になった。
「寂しさを猶も紫苑ののびるなり」 子規


Photo


Photo_2


2011年10月15日 (土)

みずくるま

notes回れ、回れ、みず車、遅く周りて、関に留まるな----」郷里の秋祭りの出し物の八つ鹿踊りの唄い出しである、
鹿(獅子)踊り伝承の南限は長野県とのことであるが、郷里は四国の南端にある、全国的には岩手、宮城のものが有名である、(東北のものは大人が舞い動きも激しいが、郷里のものは変声期前の少年が舞い胸の〆太鼓も前たれで見えなく、頭も鹿そのものであり全体的には優雅な感じがする)
添付画像はIsaoさん提供、水車の使用目的は聞いていないが水しぶきが良く撮れており、拝見している内に、遠い昔を想い出して「八つ鹿踊り」を紹介した。


A_1


2011年10月14日 (金)

京急「鮫洲」にて(1)

通過していった「京成3700」エアポート快特か?(以下「鮫洲」にての画像提供はMoliさん)


Photo


2011年10月13日 (木)

アキアカネ

紅葉が始まりました、赤とんぼも里に下りてきました、乱舞しています。


Photo


2011年10月12日 (水)

第二種駅名標

京急「鮫洲駅」ホームの駅名標、この様に天井から吊下げられたものを第二種駅名標と呼ぶそうだ。


Photo


2011年10月11日 (火)

心の襞

小椋桂の比較的初期の歌に「心の襞」がある、歌詞の内容は省略するが、目には見えない心に襞があるのだろうか、筆者なりに考えてみた「心の襞」とは本人にしか見えない生きて来た証の様なもので、悲しい事、嬉しい事、別れ、出会い等々、幾重にも重なりあった、思いで、ではないか。
歌詞の何番かに「noteまるで、冬ホオズキをかむように、あなた、苦い言葉を押しつぶす、私、心の襞を見つめれば、過ぎたあれこれが、今かけめぐる」とある、散歩の途中で、出会ったホオズキの群生を撮ってきた。


Photo


2011年10月10日 (月)

京急2100形

大森町駅を通過していく、快特(2100)  画像はMoriさん提供


Photo


2011年10月 9日 (日)

曼珠沙華

notes赤い花なら 曼珠沙華 阿蘭陀屋敷に 雨が降る 濡れて泣いてる じゃがたらお春 未練な出船の あゝ鐘が鳴る ララ鐘が鳴る」長崎物語は昭和13年に発表されている。
花言葉の一に「悲しい思い出」(画像は公民館の土手で撮った)


Photo


Photo_2


2011年10月 8日 (土)

227D

小淵沢発→小諸行 227D (甲斐小泉-甲斐大泉)


Photo


Photo_2


2011年10月 7日 (金)

C58 112

実機は1939年汽車会社製で、1962年に小倉工場でK-9デフを装備、1975年志布志で廃車、
志布志町の「運動公園」で静態保存。
模型は16番ゲージ(1/80)でキット組立、112号機用に改造している、ヘッドライトは今流行りのLED点灯で
ON,OFFスイッチを装備している、筆者が描いた組図もどうぞ。


Photo


Photo_2


2011年10月 6日 (木)

八ヶ岳

赤松の伐採が進んで、視界がひろくなった、伐採地から眺めた八ヶ岳南麓、朝日(10:30頃)がやわらかい。もう直ぐ白くなります。


Photo


2011年10月 5日 (水)

あずさ12号

松本発→新宿行 あずさ12号(62M)(新府-韮崎)


Photo


2011年10月 4日 (火)

しゅうかいどう(再び)

散歩の途中で撮った、紅白の「しゅうかいどう」


Photo


2011年10月 3日 (月)

434M

松本発、甲府行 434M(小淵沢ー長坂)


Photo


2011年10月 2日 (日)

サフラン

散歩の途中で見つけた「サフラン」
薬効があり、調味料・香料etc 採集率が非常に低く¥500~1000/gと高価とのことでおる。
花言葉は「ひかえめな美」 結構派手な花に感じたが?


Photo


2011年10月 1日 (土)

433M

甲府発、長野行(433M) (長坂ー小淵沢)


Photo


« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »