フォト
無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

吊り掛け

電車の駆動方式は大きく別けると「吊り掛け」と「カルダン」とがある、江ノ電の1251(1201)は1067mm軌間では新製として国内最後の吊り掛け車輌である、(1983年製)
余談だがJRではこの吊り掛け方式は運用終了している。
画像は長谷に到着の鎌倉行、紫陽花の絵と一緒にどうぞ。
(提供はイー坊さんでした)


Photo


Photo_2


2011年6月29日 (水)

スカ色115系

所用で甲府に出かけた、帰りに乗った343M(大月発→小淵沢行)


Photo


Photo_2


Photo_3


2011年6月28日 (火)

両渡り

立川駅、中央線、西よりのダブルスリップを上り側に進入するJR貨物のEF210(このEF210-122は2005年製、所属は新鶴見とのこと)
3枚目の画像、右側の115系は昨日の447M


Photo


Photo_2


Photo_3


2011年6月27日 (月)

447M

立川駅を出発する447M松本行、中央東線の普通列車で一番の長距離を走る、所要時間3時間50分(追抜いて行く特急、あずさ27号とスーパーあずさ29号)


Photo


2011年6月26日 (日)

小焼け

昨日の夕暮れです、あずさ27号の車窓からのものです、肉眼ではリングになっていました、また左上の雲は飛行機のものです。(塩山近く)


Photo


2011年6月25日 (土)

今日はお出かけ

所用で、今日はお出かけです、例によって「あずさ2号(5052M)」に乗車しています、本稿が公開されるころは目的地に着いているでしょう。

Photo


2011年6月24日 (金)

かいじ118号

甲府を出発する、新宿行「かいじ118号(3018M)」


Photo


2011年6月23日 (木)

旧睦沢学校

藤村式擬洋風建築の代表格であり、国指定重要文化財でもある。
1875年(明治8年)睦沢村(現甲斐市)に建築、1966年(昭和41年)武田神社に移築、2009年に現在地に移築し、2010年10月より一般公開されている。

Photo


2011年6月22日 (水)

228D

上り、小淵沢行ハイブリットカー、温泉への序でなので何時も同じ画像で代わり映えしない(その度撮っているのだが)

Photo


Photo_3


Photo_4

Photo_5


2011年6月21日 (火)

あずさ27号

下り、松本行「あずさ27号(77M)」、左は中央快速、東京行(新宿にて)

Photo


2011年6月20日 (月)

昔の甲斐大泉駅

駅舎の事務所に飾ってあった昭和40年当時のものを撮らして貰った(ご好意に感謝)
写真にはないが左側に貨物上屋も確認できた。

Photo


2011年6月19日 (日)

372系

甲府に到着した、ワイドビューふじかわ7号(372系、4007M)

Photo


Photo_2


2011年6月18日 (土)

かいじ111号

甲府に到着した、「かいじ111号(3011M)」

Photo


2011年6月17日 (金)

山手門(甲府城)

1700年頃の絵図をもとに、2007年に復元されたもの、この門の良い所は石垣は野面積で壁は小舞であること、建屋も当時の造りであることである。
但し、1700年といえば江戸幕府になってから100年経っているので塀に造られた狭間(殆どが鉄砲狭間)は無かったと思われるが?
形式は渡り櫓と高麗が組合さった枡形門である(いっぱんには千代田の桜田門が知られている)
画像上が渡り櫓門、下が高麗門、撮影は6月16日。

Photo


Photo_2


2011年6月16日 (木)

きぬがわ6号

昨日、新宿で見付けた「特急スペーシアきぬがわ6号」、いゃ~驚いた。(1066M)

Photo


2011年6月15日 (水)

赤岳&阿弥陀岳

甲斐大泉のホームからの眺めです、電線を地下埋設したとの事(赤岳と左の山は阿弥陀岳)14日に撮影。

Photo


2011年6月14日 (火)

313系

身延線の313系(甲府駅にて)

Photo


2011年6月13日 (月)

431M

甲府発、松本行(431M)

Photo


2011年6月12日 (日)

伐採中

仮設住宅用とのこと、なんでも合板に加工するらしい、習志野ナンバーの大型トラックも来ていた。

Photo


Img_1658_1


2011年6月11日 (土)

列車交換

甲斐大泉での列車交換、229D(小諸行)、8256D(小淵沢行)

Photo


2011年6月10日 (金)

スーパーあずさ6号

松本発、新宿行、「スーパーあずさ6号(6M)」

Photo


2011年6月 9日 (木)

40年

野辺山の貨物取扱廃止は1978年(昭和53年)であるが、1975年に訪問したときはSLの仕業はなくDD16に変っていた。
画像はUguさんから提供されたもので多分1971年頃だと思われる、もう一枚は4日に撮った今の様子である(背景の山の稜線が同じである)

Photo


Photo_2


2011年6月 8日 (水)

550M

小淵沢発、高尾行(550M)

Photo


Photo_2


2011年6月 7日 (火)

往路

折り返しで発車を待つ8256D、川俣渓谷に架かる西沢橋梁、甲斐大泉に停車中に撮った方向幕、費用460円

Photo


Photo_2


Photo_3


2011年6月 6日 (月)

野辺山にて

8255Dは折り返しで8256Dになる、待ち時間10分、ランチは帰ってからにしょう。

Photo


Photo_2


Photo_3


2011年6月 5日 (日)

車窓から

昨日の続き、境川橋梁、赤岳(野辺山)、清里駅到着。
この境川橋梁を渡るC56、40年前は雑木もなく国道(旧道)からの眺望は良かったのだが、


Photo_2


Photo_3


Photo_6


2011年6月 4日 (土)

気分爽快

気温は昨日と変らないのだが湿度が低く(36%)爽やかな高原の風があり気分爽快である。
駅の近くにある、いつもの温泉に行った、屋内に一人露天に一人、なんか恐縮してしまった、もっとも帰り掛けには
下山の人達が賑やか入っていったが。
天気に誘われて駅を覗いたら臨時の野辺山行きが到着するとの事、乗車することにした(乗車は二人、下車は四人)
画像は正午頃の富士と臨時の8255D野辺山行


Photo


Photo_2


2011年6月 3日 (金)

ぼやき

晴れたのはいいが、午前中11゜C(暖房中)午後から24゜C、湿度があるので動かなくても汗が出る(太りすぎか) 憂鬱である。
「五月雨や 天水桶の かきつばた」一茶


Photo


Photo_2


2011年6月 1日 (水)

スーパーあずさ14号

松本発、新宿行 スーパーあずさ14号(14M) 160キロポストにて


Photo


« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »