フォト
無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

軽便風客車

これも、古いTMSの記事(O.Nさん)を真似て造ったものです、当初はベーカーカプラーでT堂のアーチバーを履かしていたのですが、後年KDに交換しアーチバーもMouglさんに頂いたものに履き替えました。(5輌造ったのですが手元に残っているのは、1輌だけです)

Photo

2011年2月27日 (日)

懐かしの五日市線

Mogulさんから、懐かしい五日市線のスナップを頂いた、クハ16+クモハ73X2の4連である、同じ位置から現在の様子が分れば面白いのだが、宅地化が進んで面影を記録する事は無理かな?

Photo

2011年2月26日 (土)

所沢航空大隊

管理人の冶具設計の師匠は東工大を卒業後、陸軍の四つ木錬兵場に入隊し、外地で2年を過し終戦の時は所沢の航空大隊でレーダーの研究をしていた事を話してくれました。(階級は陸軍少尉) 所沢に住むイー坊さんが航空公園の画像を送信してくれました、紅白の梅が満開です(綺麗だな~)

Photo

2011年2月25日 (金)

北海道の古典客車

もう、随分前のTMSの記事(O.Nさん)で当時に造ったものです、記事には「開拓使」があったのですが、庶民の意地でコロとしました、7100形(弁慶、義経、静、光圀)に牽かせると良い。

Photo

Photo_2

Photo_3

2011年2月24日 (木)

無駄遣い

甲斐大泉に駐車して時刻表をみたら、5分待てば下りの列車が来る、気まぐれで乗車し隣の清里まで行ってきた、往路に乗った229D,復路に乗った230D,ホームの駅名板と駅前に鎮座しているC56149をどうぞ!(勿論?温泉に浸かって帰宅した)

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

2011年2月23日 (水)

小湊鉄道

昨年3月27日に本稿で1960年に上総大久保を訪ねた事を記事としたが、後年2回訪ねている、この内の1回は五井の車輌区も訪問出来た、工作機械は段ベルト式、火床もあり、管理人が丁稚のころの町工場を彷彿とさせる姿が残っていた。(画像は比較的、近年の上総中野駅で”いすみ線”の車輌も写っている、画像はMogulさん提供)

Photo

2011年2月22日 (火)

雪の長坂駅

2月は11日と13日に雪が積った、11日の長坂駅です、(下り小淵沢行335M)

Photo

Photo_2

2011年2月21日 (月)

飯田線(いつたび)

管理者の中では旧国と云えば茶7号(?)であったが飯田線のスカ色(?)を見ている内にこの方が明るい気分にさせてくれる、画像はクモニ83(クモユニ81改造)+クモニ13+クハ68+クモハ51と4両編成の内、半分が荷物車なのには驚いた。(「ごたび」にするか「いつたび」にするか随分悩んだ)

Photo

2011年2月20日 (日)

遅れなし

この冬は風呂の給湯がパンクして使用できないので(ヒーターがOFFになっていた)温泉通いをしている、雪が降った翌日序でに寄った甲斐大泉駅に定刻で入線する上り小淵沢行に出会った。(撮影日は2月15日 列車番号228D)

Photo

Photo_2

Photo_3

2011年2月19日 (土)

JR貨物

ちょっと前(5日)上京のため上りの「あずさ」を待っていたら、突然下り線を貨物列車が通過して行った、荷物はタンク車がたった3輌。(うん、歩留まり悪い)

Photo

2011年2月18日 (金)

東京メトロ 東西線

正式には、東京地下鉄・5号線東西線と言うそうだ、東西線の区間は中野ー西船橋で昔流に言えば山手、下町、場末まで走っている、乗り入れはJR東日本と東葉高速鉄道である。画像は昨年頂いたものであるが都合で紹介が遅れた(謝)(勿論?この路線利用したことはない)

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

2011年2月17日 (木)

大山駅(鹿児島)

大山駅は「だいせん」も含めると国内に6ケ所ある、指宿、枕崎線の大山について何か特記することはないかな~と調べたが見渡らなかった、画像をみて感じたことは、さすが南国で枯れ草が見られない(撮影は正月である)。駅舎は無く片面ホームで古レール利用の雨除けがあるだけだか、なんか一所懸命な印象を感じた、小さなレイアウトに配置すると良い雰囲気がでる。

Photo

Photo_2

2011年2月16日 (水)

東武東上線

Mollさんが東武東上線の写真を送ってくれました、管理人はこの線を43年前に東松山まで数回利用したことがあります、床板が板張りで吊り掛けの音が聞こえてきたことを記憶しています。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

2011年2月15日 (火)

我田引水?

昔、「南の島に雪が降る」という映画があったが、今日はMa兄ちゃんが裏町に雪の降る様を送ってくれた、この地は西を宇和海に面し東に1000mクラスの山が連なるところで、蘇鉄、芭蕉、ヤシ、フエニックスが自生する処である、写真の左方に写っているのはお茶の先生のお家で間口が4間ありこの通りでは大きい部類に入る、管理人が子供の頃は間口2間半の長屋つらなり昼間は子供の声が絶えない町内であった、この様に書くと裏店のように感じられるが町内には大きな真宗の寺が2ケ所もあり病室を備えた病院も、襖や、畳や、建具や、鍛冶屋、ブリキや、散髪や(これは生家)、青物や、などなんでもそろっていたが今は面影もない。ブログのハーイはこの地方の挨拶言葉で実際にはハーイーと云いゆっくりしたイントネーションで交わす。20年程前に帰省した折描いたスケッチを添えてどうぞ。(やっぱり我田引水かな)

Photo

Photo_2

2011年2月14日 (月)

篤姫

イー坊さんが、この正月に南九州をドライブ旅行をされました、お土産かわりに薩摩今泉駅の写真を送信してくれました、ここはご存知の通り「篤姫」の生誕地です、管理人も41年前にレンタカーで訪ねたことがあるのですが指宿まででした。指宿枕崎線での使用車輌はキハ40、キハ47、キハ200とのことですが画像はありません。

Photo

Photo_2

2011年2月13日 (日)

飯田線(よたび)

1972年(昭和47年)2月、ED19の牽く貨物列車の画像(フイルム写真)です、誰かさん曰く”良い写真ですね” 話しは変りますが、藤沢周平の連作長編に「本所しぐれ町物語」があります、目次を見ると 猫 ふたたび猫 みたび猫 おしまいの猫と4回も出てきますが、飯田線は おしまい はありませんのでまだまだ続きます。(因みに管理人は動物は苦手です)

Photo

2011年2月11日 (金)

懐かしの信越線

1972年(昭和47年)信越線の妙高高原付近を走る70系(先頭車クハ68)です、この路線上野から富山まで数回利用したことがありますが、何れも夜行列車で景色を見ることはありませんでした、(寝台列車ではない)。写真に写っている線路脇の小屋は何に使用するのでしょうか?、煙突が懐かしいスレートで出来ており、笠の形状も趣きがあり、ストラクチャーを造って実物同様、線路脇に置きたいですね。(画像はMogulさんがフイルム写真をスキャナーしてデジタル化したものです)

Photo

2011年2月 9日 (水)

十三湖

冬の十三湖へ行って見たいな~、と云ったら五能線のキハ47と津軽鉄道のスナップを頂いた、蜆汁の味はどうかな(画像はFrankさん提供)

Photo

Photo_2

Photo_3

2011年2月 7日 (月)

飯田線(みたび)

1973年(昭和48年)飯田線を走るED183(旧ED523)のフイルム写真です。本機は廃車になっていますが、ED182(ED1716)が来月開館予定の「リニア・鉄道館」に展示されるそうです。(Mogulさん提供)

Photo

2011年2月 5日 (土)

お出かけ

所用で久し振りに上京しました、往路 長坂→(あずさ2号)東京→品川→新馬場、立ち寄り 大崎→池袋→小手指、復路 小手指→池袋→新宿→(あずさ27号)長坂。大崎から池袋まで埼京線に乗ったのですが、この車輌、人を乗せるのではなく何か物を運ぶ函の様な感じがしました、池袋のデパートで靴下(間抜の小足用)を2足買って帰路についたのですが所用時間12時間32分、いゃーくたびれた。

Photo_2

京急1643Photo_3

埼京線Photo_4

西武池袋出発Photo_5

準急池袋行6005

2011年2月 4日 (金)

大番

雪の窪川駅で発車を待つ予土線のキハ32(宇和島行)の画像をいただいた、管理人が高校生のころは江川崎まで開通した頃で未だ宇和島線と言っていた、機関車はC12客車はオハ31系で上りはバック運転であった、ある日帰りの汽車が駅に到着した折2、3番線が賑やかなので改札を出ないで観にいったら映画のロケをしていた、何と駅名表(縦のホーロー製)が「とうきょう」になっておりオハ31が赤帯に化けていた、映画の題名は獅子文六の「大番」1957年(昭和32年)の思い出である。

Photo

2011年2月 2日 (水)

機嫌伺い

連日の寒さで薪の棚が淋しくなった、運動と長時間の運転は見合わせる様言われているのだが、気晴らしも兼て薪割りを始めた、心地よい疲労感を味わっている。画像の小鳥は体長15cmくらいである(鳥の名は知らない)

Img_1247_1

Img_1235_1

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »