フォト
無料ブログはココログ

« 227D&228D | トップページ | 石焼ピザ »

2010年5月 2日 (日)

山桜再び

大分前のことであるが、蔵王の坊平研修(14日間)に参加したことがある、内容は省略するが、毎朝「同期の桜」を大声で歌わされた、(曰く、七つボタンは桜に錨)。それで思い出した”本居宣長”の「敷島の大和心を人問わば朝日に匂ふ山桜花」ともう一句、”源義家(八幡太郎)”が勿来の関で詠ったといわれる「吹く風を勿来の関と思えども道も背に散る山桜花」である。(あまり、むつかしく考えないで林の中にひっそり控えめに咲く可憐な山桜が好きである)

Img_0299 Img_0306

Img_0303

« 227D&228D | トップページ | 石焼ピザ »

ひとり言」カテゴリの記事

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31