フォト
無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

日野春駅

日野春駅の開業は明治37年(1904)です。「この近くに武田信玄が軍旗を掛けたと云われる”旗掛けの松”があったとのことですが、これが機関車の粉塵により枯れて、訴訟になり結果は原告側が勝訴し、全国初の公害裁判と地元では語り継がれています」、解らないのは”B6”から始まり”96””D50””D51”と走り続けて来たのですが何か対策を取ったのでしょうか、それとも当時は粗悪炭だったのでしょうか、後年”D51”の写真を見ますと「集煙装置」が付いています。駅本屋は屋根が瓦からトタンになり、窓がアルミサッシになったくらいで骨格は開業当時のままです、切妻平屋ですがなかなか趣きのある駅舎です。日本型の大型レイアウトに如何でしょう。Photo Photo_2

2010年3月30日 (火)

味噌造り(その二)

昨日のつづきです。(予め用意された”麹””塩”の上にミンチしたものを乗せよくかき混ぜます)→(それをバケツに移し「あめ[冷ました煮汁]」を加えて”だんご"をつくります)→(樽にビニール袋を用意し、その中へ”だんご”を投げ入れます、空気を抜く為らしい)→(ビニールの縛り口にガス用のホースを差込中の空気を吸い取り、いっきに口を閉じる、余り強い真空にすると仕込んだものまで吸い上げるので要注意)→(ビニールの小袋に”塩”を入れたものを乗せ重しにする)→(後は蓋をして、新聞紙か包装紙を被せて縛りつけし名前を書いて仕込みは完了)→(米倉に保存し1~3年熟成を待つ)。この米倉ですが、土の素壁で出来ています、母屋が築140年強経っていますので屋敷のレイアウトから考えても同年代のものの様です。午後から冷たい霧雨が降りてきました、味噌造りに参加された「Frank」さん「バイク屋」さんとで近くの温泉に浸かり(See You Again)です。

Img_0107_1 Img_0106_1 Img_0109_1 Img_0108_1

2010年3月29日 (月)

味噌造り(その一)

「まろ」さんちで恒例の味噌造りがありました。画像でリポートします、大豆の量は一樽当り二升五合です、その他の材料の量と割合は割愛しますが”減塩味噌”ですので、通常のものに比べ20~25%少なくするそうです。(前の晩に豆を洗い一晩漬します)→(大釜で豆を煮ます)→(煮豆を小分け、併行して米麹と麦麹を混ぜます)→(ザルに移しチョッパーでミンチにします、唯一の機械化です) 以下明日につづきます。Img_0100_1_5 Img_0102_1_4 Img_0104_1_2 Img_0105_1_2

2010年3月28日 (日)

甲斐小泉駅

「甲斐小泉」の駅舎を紹介します、解体途中の旧駅舎と現在のものです。旧駅舎は白塗りの下見板造りで閉塞室も在りデザインも高原の駅の雰囲気を持っていました。新駅舎は国蝶の”オオムラサキ”をデザインしたものらしいのですが”祠”にしかみえません、ゴールデンウイークなどの繁忙期のみ小淵沢から係員が来て切符の回収をしています。(面白い事に車で来て回収が済むとすぐ帰っていきます)_1 Photo

2010年3月27日 (土)

上総大久保

P・ITHOさんより「小湊」のPost Cardが届いた、始めて訪問したのは、昭和35年(1960)のことである。千葉で内房線に乗り換え、未だ漁村だった「五井」まで行って、暫く待って「上総中野」行にのって「上総大久保」で降りた。片道5時間程かかった記憶がある、僅かな伝手で伺ったのだが皆さん好い人で歓待して頂いた、その時、馳走になった”ヤマメのから揚げ”の味が50年経った今でも忘れられない。養老川の鉄橋の上で撮った写真が残っている、半袖のポロシャツ姿なので季節は夏だった様である。(ヤマメは”うまかった”)Photo_3 Photo_2

2010年3月26日 (金)

旧型国電17m車

”マッハ”でもとめた”いさみや”のペーパーキットを組んだものです、サハ17(81.10)、クハ16(81.11)、クモハ11(82.1)、宝塚時代最後の作品になります、サハ、クハの台車はドロップ製で枕梁を新製、クモハは”日光”で片側インサイドギァー駆動です、床板機器もコンプレッサー、抵抗器、以外はタンクも含めて木片から作りました。広島のころは「みどりい」の近くに住んでおり、事務所が「横川」から歩いて数分の所でしてので「可部線」を利用した事が数回あります。Photo Photo_2 Photo_3

2010年3月25日 (木)

FICKLE

今日も、”しとしと”と雨が落ちてきている、又、若い頃の話であるが、FICKLE会というのをつくって、京都の「妙心寺」で座禅体験をしたことがある。足は痺れるし朝早くから庭掃除、朝食は薄い味噌汁と煮豆の精進料理であった、感想は「2度と来ない」である。阪急”嵐山”で乗車し”十三”経由で”蛍池”の下宿まで帰った、時期も今頃で”しとしと”雨が降っていた。この会は1度きりで終わった、理由は簡単、男子だけの集まりであった。TMS124号”角倉”さんのOナローの記事を真似てHOで作ったボックスカーの写真が出てきた、FICKLE LINEとある。Img_0083_1

2010年3月24日 (水)

ダルマストーブ

昨夜から”みぞれ”混じりの雨が続いている、”アラジン”の石油ストーブでは、なかなか暖かくならない。2日続けて”薪ストーブ(ダルマ)”のお出ましである。小さな木端は十能に乗せてくべるのであるが、これが実に面白い(機関車の投炭に似ている)。乗せている鉄瓶は優に5Lはある、多分「囲炉裏」用ではないか?一軒だけある「鍛冶屋」でもとめた。余談だが当地では「囲炉裏」のことを「火地炉」と言うそうである。Photo

2010年3月23日 (火)

糸魚川庫

Mogul JMさんより「糸魚川機関庫」を提供して頂きました。この庫を見て、若い頃、会社のサークルに参加して、大阪から”福知山線→山陰線→播但線→山陽線”で大阪に帰ってきた事があります(何処か途中下車してトレッキングをした様な記憶があります、”暑い日”でした)途中「和田山」を通過した時にみた機関庫を思い出しました、「糸魚川」は3線ですが「和田山」は2線でした。今はどうなって居るのでとょうか?。姫路まではC57が引いていました。昭和38年(1963)夏の思い出です。Photo

2010年3月22日 (月)

スイッチバック跡

「長坂」のスイッチバック跡を訪ねました、上から視た引込み線跡(上り線が隠れています)と旧駅舎側から視たものです。下は、すっ飛んでいった11M(E351下り松本行き「スーパーあずさ11号」)です。因みに複線化は昭和37年(1962)12月との事。Photo_11 Photo_12 Photo_13

2010年3月21日 (日)

思い出の一冊

昭和30年(1955)の春、修学旅行で奈良へ泊まった時、「猿沢池」近くの本屋で「模型とラジオ」の6月号を見つけました、初めて目にした模型の雑誌です。実際に「鉄道模型」らしきものを作ったのは、7月号の”貨物車2種の作り方”です、翌年バイト料でφ10.5を4軸とベーカーを2組送って貰い約1年かけて完成したことを記憶しています。

6月号の記事(表紙もなくボロボロ)Photo_2

Photo_3

7月号の記事(スクラップをコピー)

2010年3月20日 (土)

CD

昨年の今頃「沢田知加子」のアコースティック・ライブを聴くことがあった。持ち歌とカバー曲が半分半分である、カバーの中に「森高千里」の”雨”があり、リメーク盤が発売されるということで予約して入手した。もう一枚は「一青よう」の”花のあと”である、映画封切りの前に予約購入したのであるが、観たあとのほうが良かったかな?。因みにカラオケは”演歌”専門である。(ほとんど歌う機会はない)_1

2010年3月19日 (金)

インターバン

この”インターバン”も改造シリーズで作ったものです、たしか”改客車”というテーマが付いていた様な記憶があります。’63年頃のMR誌の図面と’58年頃の子供の科学誌の「インターバンを作る」を参考にしました、阪神の800と同じくこれも”おでこ”はオス型を作り叩きだしました、ポールはエコーの高級品、塗料はフロッキルを張り込みました。例によってNo.19は娘の年齢、20年前の作品です、これ以降電車は作っていません。

Photo_2 Photo_3

屋根を外した状態Photo_4

床下

2010年3月18日 (木)

懐古(1)

清里~野辺山間にある大門川に架かるデッキガーターです、これは国道141号(旧道)から眺めたものですが今では雑木が育ち観ることは出来ません。上は’71年の下り列車で「ムトーネットさん提供」、中は’75にスケッチしたもので、この時SLは廃止されていました、下が最近スケッチしたもので、ヂーゼルの音しか聞こえません、あれから35年”ちょっと”懐かしさが----。「現在デッキガーターは赤色です」Photo Photo_4 Photo_3

2010年3月17日 (水)

541M

今日から、カテゴリーに中央本線が加わります。541M(クハ115、2次長野色、6両編成小淵沢行き)は、映画の帰りに乗ったものです、到着時と途中の「日野春の給水搭」をどうぞ。鉄製のものは、軽便鉄道にも似合いませんか。余談ですが電化されたのが1964(昭和39)ですから46年よく耐えています。Photo Photo_2

2010年3月16日 (火)

花のあと

昨夜の雨で雪もほとんど消えたが、梅の花が咲き始めたころに「花のあと」とはシックリこない。これは、昨日観た映画の題名である。感想「うん、小説より主演の女優が美形である、時代的にソメイヨシノはない、」原作にはないが父親が渡す”短刀”が生きていた。藤沢周平の短編一話での映画化は前作「山桜」に続いて2作目である、個人的には満足している。費用は駅前の駐車代400円、交通費(電車)1140円、チケット1000円で計2540円。Photo

2010年3月15日 (月)

阪神800

改造シリーズで作ったものです、ネタ車は忘れましたが、だいぶ切刻み屋根のオデコもオス型をつくり叩出したことなど苦労したことを憶えています。854は8+5+4=17,881は8+8+1=17つまり娘が17才の時の作品です、22年経ちました。Photo_3 Photo_4 Photo_5

Photo_6

2010年3月14日 (日)

庭の梅(1)

今日は朝から陽が燦々と降注いでいます、先日の雪も後少しで溶けることでしょう。遅咲きの梅の木もチラホラと咲き始めました、満開になったら又、便りをします。Photo Photo_2

2010年3月13日 (土)

大津線70

この京阪大津線70もどきは模型店の改造シリーズに参加したものです、お題はカツミの古典客車(北炭)でした、使用したのは側板とモニタールーフのみです、伝道は台車もふくめて「だるまや」、トルペード、前照灯、運転席のコントローラー、ハンドブレーキ、それと人形は「エコー」のものを使用しました、その他は(ポールも含め)自作です、ダミーの自連を取付けています。No,15は娘の年齢、24年前の作です。Photo

2010年3月12日 (金)

かが泣き

昨日は朝から晴天で春の陽がふりそそいでいた、しかし気温が低いせいか午後になっても雪は溶けず食料買出しのため背に腹は代えられず除雪開始。藤沢周平の短編「かが泣き半平」ほどではないが「いゃー”つかれた”」Photo

2010年3月11日 (木)

デロ10

阪急のデロ10です、十数年前の正月、京都の松本模型で買い求めたものです。大分いじっています。車体「松本」、ポール「?」、台車「日光」、床下機器「エコー」、動力「(パートラ)天賞堂」、床板「自作」、カプラー「KD」。軽いですが良く走ります、”ト”なんか、くっ付けたらどうかな?Photo _1

2010年3月10日 (水)

昨日の雪

昨日降った雪はご覧の通り、身動きが出来ない「こまったなー」食料は明日の昼の分まで確保。Photo_6

古い話(2)

昭和33年ころ「鉄道模型の作り方」という本が出版されました、その中の記事で作った#60もどきの作品?を紹介します。上が1964年ころ真鍮で作ったものでDV18搭載、ギャー比20:1で良く走ります。下は後年エッチング板を起して作ったものです。Photo_4 Photo_5

2010年3月 9日 (火)

トロッコ遊び

「子供は風の子」の通り、小学生が学校の帰りに道草かわりに良く遊んで行きます。今日はAM10:00頃から乾いた雪が降り続いています、多分20cm位まで積るでしょう。Photo Img_0013_1

2010年3月 8日 (月)

雪化粧

朝、目覚めたら薄っすらと雪化粧していた。正午ころ日差しが出たので顔を上げると雪はすっかり溶けていた、庭の梅の開花ももうすぐかな?Photo Photo_2

2010年3月 7日 (日)

古い話(1)

晴耕雨読という言葉がありますが、今日は朝から霧のような雨が降っています、こんな日は工作に励むことにしました。古い話ですがMitune鉄道のO.Nさんの記事で作った西大寺もどきの「キハと客車」を紹介します。材料も含めほとんど記事通りですがカプラーはKDに交換しています。

Photo

2010年3月 6日 (土)

229D

甲斐大泉駅に行ってきました、良いタイミングで小諸行”229D”が到着したところで、しかもハイブリット(キハE200)でした。帰りにすぐ近くの温泉に浸かり「本当はこれが主目的」遅いランチを済ませて帰宅。Photo Photo_2 Photo_3

2010年3月 5日 (金)

北岳

少しガスがかかっていますが、正午ころの「北岳」です。今日は気温が上がり20゜が予想されています。Photo

2010年3月 4日 (木)

薪(原木)のやま

契約している原木をみてください。主にオニクルミとニセアカシアですが栗、山桜、檜が混ざっています。Photo Photo_2

2010年3月 3日 (水)

トレーラー台車

フラットカーのトラック(台車)です、完全なフリーで荷重70Kgでスプリングが作動をはじめます。「運転台車を予定しています」Photo

2010年3月 2日 (火)

天気予報

予報では快晴とのことでしたが、霧が深くあいにくでした。「小屋から東側を撮ったものです晴れていれば雪をいただいた金峰山(2899)が眺望できるのですが」Img_0456_1

2010年3月 1日 (月)

薪割り

2日続いた雨があがったので、薪割り再開、今日はオニクルミです。_1

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »