フォト
無料ブログはココログ

2018年6月22日 (金)

梅雨の晴れ間

朝から天気がよいので 山へ入ってみた 見事な「蕨」が育っていた(灰汁抜きのため重曹を振った)

Photo

すっかり緑で染まった八ヶ岳南麓
Photo_2


2018年6月18日 (月)

トンボ帰り

小淵沢発12:45「あずさ16号」(66M)に乗車 復路は東京発16:45「あずさ25号」(5075M) 小淵沢到着19:01 付加価値の少ない一日でした。

Photo


2018年6月14日 (木)

収穫

今年最初の収穫は「さやえんどう」 育ちが早い ちらし寿司でもつくろうか?

Photo

Photo_2


2018年6月 9日 (土)

水芭蕉

幼い頃の悪餓鬼から尾瀬の便りがあった なかなか清涼感があっていい。
「遠い日の 面影に似る 水芭蕉」ハーイ

Photo


2018年6月 7日 (木)

縄跳び

本当に久し振りに縄跳びに挑戦した(年寄りの冷や水) 昨日12回成功、今日は17回成功lovely

Photo


2018年6月 6日 (水)

灰汁抜

今年の「わらび」は隣の空地が不作で収穫が激減した 新しく山に入り2ケ所開拓 こちらは形も良く、散歩にもなるので3日に一回、採りに行ったが もうそろそろ終いの様である。

Photo


2018年6月 5日 (火)

4110重連

形式4110の重連 バック運転の先頭は前期型・空制化タイプ、補機は後期型のオリジナルタイプ 流石に この重連は牽引力があった。

Photo

Photo_2


2018年6月 4日 (月)

疾走

軽井沢の雄洋炭坑鉄道で快調に走る形式7450(Yukiさん製作) この機関車テンダー機でありながら機関車に水タンクを備えている(理由は省略)バルブギヤーを避けるためタンクの下側が空間になっている、表現がわるいが やたら丸みが目立つ と云う事は高度の工作力が要求される うん秀作である。 実車は1889年 イギリスのキットソン社製

Photo


2018年6月 3日 (日)

228D

久しぶりのハイブリット(228D)

Photo


2018年5月28日 (月)

形式4110(後期型)

軽井沢のレイアウトでの 4110 この機関車 後期型で原形で作られている(ハーイ所蔵)

Photo


«炭住